このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166265
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-093
事例作成日
(Creation date)
2014年03月19日登録日時
(Registration date)
2015年01月16日 18時13分更新日時
(Last update)
2015年03月11日 11時50分
質問
(Question)
地理・行政用語としての「アメリカ東部」と「アメリカ西部」の範囲が知りたい。また、テキサス州はどちらに含まれるのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に関連する記述があった。

『広辞苑 第5版』(新村出編 岩波書店 1998)
 p1824「テキサス」
 「(1)アメリカ合衆国南部の州。」
 アメリカ西部・東部は項目なし。
『アメリカを知る事典 新版』(荒このみ監修 平凡社 2012)
 p327-328「西部」
 「地域としての西部は、時代とともに変化してきた。」とあり、時代による変遷について記述あり。
 p386「テキサス」
 「合衆国西部、メキシコ湾に面した広大な州。」とあり、テキサス州は西部に含まれることがわかる。
『アメリカ文化事典』(亀井俊介編 研究社出版 1999)
 p245-247「西部」
 「西経104度線より西の11州を指すのが今日では一般的である。山脈や砂漠の多い内陸の8州(コロラド、アリゾナ、アイダホ、モンタナ、ネヴァダ、ニュー・メキシコ、ユタ、ワイオミング)と、太平洋岸の3州(ワシントン、オレゴン、カリフォルニア)に分けられる。」文中に東部の語もあるが、明確な定義はなし。
『地図でよむアメリカ 歴史と現在』(川島浩平編 雄山閣出版 1999)
 p13「国勢調査局による地域区分」では、西部・中西部・北東部・南部とあり。
 p15「アメリカ思想の三極構造」では、北部・西部・南部と区分されている。
 いずれも「東部」という定義なし。
回答プロセス
(Answering process)
事典類のほか、アメリカ史、アメリカ地誌の資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北アメリカ  (295 9版)
参考資料
(Reference materials)
『広辞苑 第5版』(新村出編 岩波書店 1998), ISBN 4-00-080112-0
『アメリカを知る事典 新版』(荒このみ監修 平凡社 2012), ISBN 978-4-582-12643-3
『アメリカ文化事典』(亀井俊介編 研究社出版 1999), ISBN 4-327-46137-7
『地図でよむアメリカ 歴史と現在』(川島浩平編 雄山閣出版 1999), ISBN 4-639-01649-2
キーワード
(Keywords)
アメリカ合衆国 (東部)-地名
アメリカ合衆国 (西部)-地名
テキサス州
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000166265解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!