このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20130601-02
事例作成日
(Creation date)
20130601登録日時
(Registration date)
2013年08月21日 16時12分更新日時
(Last update)
2013年10月30日 12時48分
質問
(Question)

市川も葛飾の一部であるが、「かつしか」という地名の由来が知りたい。
また、どこまでが「かつしか」だったのか古地図が見たい。

回答
(Answer)
地名の由来には諸説ある。
『角川日本地名大辞典 13 東京都』
(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店1978)
p.192‐193 に「かつしかぐん」の地名の由来として
「武蔵野の東方に続く原野で葛が繁茂していたことにちなむという」(古事類苑・下総国旧事考)と記載。
郡域については現在の東京(葛飾区・墨田区・江東区・江戸川区)・千葉・埼玉にまたがるとあり、
古代・中世・近世の移りかわりが載っている。
同辞典の『8 茨城県』『11 埼玉県』『12 千葉県』にもそれぞれの地域での「かつしかぐん」の移りかわりが載っている。

葛飾区の公式サイト( http://www.city.katsushika.lg.jp/45/003401.html)には
『かつしかの地名と歴史』(葛飾区郷土と天文の博物館 2003)よりの引用として

「古代の「かつしか」は、旧南葛飾郡(葛飾・江戸川・墨田・江東区)と、千葉県市川・柏・流山・松戸・船橋市や
埼玉県栗橋および茨城県古河・総和市までおよぶ広い地域がその範囲でした。(略)

「かつしか」の「かつ」は丘陵や崖などを指し、「しか」は砂州などの低地の意味をもっています。
「かつしか」とは、利根川流域の右岸に低地、左岸に下総台地が広がる旧葛飾郡の地理的な景観から名付け
られたと考えられます。」とある。

また、古地図についてはGoogle で“古地図データベース”と “葛飾”で複合検索をすると
「国際日本文化研究センター」サイトの「所蔵地図データベース」
( http://tois.nichibun.ac.jp/chizu/santoshi_1275.html)で
「東都近郊図 全」(1844)を閲覧できる。

図書では『嘉永慶応江戸切絵図』(人文社 1977)に「増補 東都近郊全図 (紙屋徳八版)」が収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000135548解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!