このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110783
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市南-2012-002
事例作成日
(Creation date)
2012年08月22日登録日時
(Registration date)
2012年08月31日 15時29分更新日時
(Last update)
2013年01月10日 19時00分
質問
(Question)
雑誌『週刊新潮2012年8月2日号』p.142の記事にある「柳田國男の説話集」が見たい。
回答
(Answer)
該当資料として『神道と民俗学』(『定本柳田國男集第10巻』『柳田國男全集14』所収)を提供しました。
また参考資料として『日本の祭』(『柳田國男全集13』所収)、『神樹篇』(『柳田國男全集19』)、『知識ゼロからの神社と祭り入門』(瓜生中/著 幻冬舎)を提供しました。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まず該当箇所を確認してみたところ、高山正之「変見自在」の“柳田國男の説話集によれば、日本の神様はふだん神社にはいない。祭礼があるとその前夜に戻ってくる。神社の御神木や御柱は神様が迷わないよう、目印のためにある。”の部分であることが分かりました。

(2)全集を見ていくと、該当箇所の次の段落“ただそれを見るのは禁忌で、見たものは1年以内に死ぬとされる。説話集にはその禁を破って神社の前に佇む人々が描かれている”という部分に関連した内容として、『神道と民俗学』(『定本柳田國男集第10巻』)p.354に“この御通りに行き逢う者は死ぬという言い伝えが~”の記述がありました。

(3)(1)の該当箇所については、柳田國男がこのようにはっきりと述べているというわけではなく、そういった内容のことを『神道と民俗学』を含む様々な著作で記述している、ということのようです。柳田國男のみならず広く言われている事柄のようであり、一般的な神道についての本の中にもそのような記述が認められます。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
参考資料
(Reference materials)
『柳田国男全集 14』 柳田国男/著 筑摩書房 1998年 (『神道と民俗学』所収)
『柳田国男全集 13』 柳田国男/著 筑摩書房 1998年 (『日本の祭』所収)
『柳田国男全集 19』 柳田国男/著 筑摩書房 1999年 (『神樹篇』所収)
『知識ゼロからの神社と祭り入門』 瓜生中/著 幻冬舎 2003年
キーワード
(Keywords)
柳田國男
日本の神
祭礼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000110783解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!