このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr324
事例作成日
(Creation date)
2014年03月05日登録日時
(Registration date)
2014年03月22日 14時08分更新日時
(Last update)
2014年03月22日 14時08分
質問
(Question)
「下毛」という地域名の使用例はあるか。もし「下毛」という地域名が、古来使われていないとすれば、なぜか理由があるのか。
回答
(Answer)
「下毛」という名称の使用例ですが、確認できたのは「下毛野国」(古代国名)「下毛野氏」(古代氏族名)「下毛草」(植物名)のみでした。地名での使用例は、「下毛野国」のみです。
また、「下毛」という地域名が使われない理由についても、記載がある資料は確認できませんでした。

なお、「毛野」という名称については、栃木県足利市に「毛野新町(けのしんまち)」という地名が現存しています。
『日本歴史地名大系 9 栃木県の地名』(平凡社 1988)によると、1889年の市町村制施行により成立した村の一つに「毛野村」という村があったようです(p809)。

参考までに、今回お調べした資料を以下にご紹介します。

・『角川日本地名大辞典 9』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1984)
「しもつけのくに 下野国」の項(p487-488)に、下毛野(しもつけぬ)や毛野国についての記述があります。

・『古代地名語源辞典』(楠原佑介/〔ほか〕編著 東京堂出版 1981)
p137-138の「けぬ(毛野)」の項に「下毛野」についての記述があります。なお、この項では、毛野国について「『記紀』がその古名を記載していない」点について、諸説が紹介されています。

・『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』(前沢輝政/著 現代思潮社 1982)
p591-596に「毛野の名義について」という記述があり、「毛野」「毛人」の意味、「毛野川」についてなど考察しています。

・渡辺博史「古代の下毛野氏について」
(『野州史学 』第2号(野州史学会編集委員会/編 野州史学会 1975)p1-10所収)
「従来、下毛野氏を特に個別的に取り上げた研究は、私見の限りでは見あたらない」とし、下毛野氏について考察を行っています。また、この中に「下毛野寺」という寺名が『日本霊異記』『今昔物語』等に挙げられているとの紹介がされています。

・『下野国誌』校訂増補(河野守弘/著 佐藤行哉/校訂 下野新聞社 1989)
p30-33に「毛野名義」、p580-582に「下毛草」の紹介があります。

・新里宝三「名義略考」(『土の香 郷土歳時記・郷土雑纂』(新里宝三 ほか/著 出版者、出版年不明)p23-34所収)
※当館所蔵の『土の香』は、複製資料です。
p24-27に「下野」の考察があり、「第二 毛野名称考」には「来経ぬの約」「御食野(ミケヌ)説」「毛野郷(和名抄)説」「獣毛の産地説」「草木説」が紹介されています。

・『栃木縣史 第1巻 地理編』(田代善吉/著 臨川書店 1972 下野史談会1933発行の復刻版)
「第六章 国名義及び沿革」(p43-51)に、毛野国についての諸資料(日本書紀など)の紹介があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
下毛
下野
毛野
地名
栃木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151096解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!