このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-062
事例作成日
(Creation date)
2011年11月29日登録日時
(Registration date)
2011年11月29日 14時01分更新日時
(Last update)
2016年08月20日 12時24分
質問
(Question)
碁笥(ごけ)の「笥」の字には、竹かんむりがついているが、今は木製のものがほとんどである。
元は竹製だったのか?
回答
(Answer)
『碁 ものと人間の文化史59』 増川宏一 法政大学出版局 ・・・口絵に「竹製の碁笥」の写真あり
『囲碁の文化誌』 水口藤雄 日本棋院 ・・・p125 白黒写真あり 「弁慶の碁笥」・・・木製
回答プロセス
(Answering process)
・『碁 ものと人間の文化史59』 ・・・江戸時代初期頃、「竹製の碁笥」の白黒写真あり
                          (将棋博物館蔵→今はなし
                                    =大阪商業大学アミューズメント産業研究所)

竹かんむりの字を使っても、今は木製のものが他にもあるかも・・・竿、笊、簾、笛・・・など

・『日本古代食事典』 p117 笥→元来は入れもの、容器一般をさす語であるが、入れるべきものの名を冠せずに、そのまま用いるときには食器のことである、として『和名抄』も引いている

・『古事類苑 31』 器用部1 「笥」 p277~我国の俗、飯を盛る器。ケというのは、漢のいふところのごとく竹器也とは見えず、盛食器とあるので、ケとよんでいる。古は食のことをケといったからケをあてているとも~
・『  〃    30』 遊戯部2 「碁笥」 p103も参照 → 何で作られたかは書いていない

・『字訓』 白川静 2007 p275 け「笥」・・ものを入れる容器。一般に土器または木製で、食器として用いる。~(中略)笥・箪などはみな竹器である。

・『囲碁の文化誌』 
   p125 弁慶の愛用盤・碁笥・碁石(清水寺・兵庫県加東郡社町)の写真あり ・・・木製
   p29 現存最古の碁石と碁笥(中国鄒城市文物管理局蔵)写真あり ・・・陶製

・『碁 ものと人間の文化史59』の口絵をコピー、『囲碁の文化誌』を貸出して終了
事前調査事項
(Preliminary research)
『広漢和辞典(上巻)』 諸橋轍次 大修館書店 には 笥・・・竹または葦で編んだ、食物または衣類を入れる容器 としか記載されていない
NDC
辞典  (813 8版)
囲碁  (795 8版)
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
『碁 ものと人間の文化史59』 増川宏一 法政大学出版局 1987年
『囲碁の文化誌』 水口藤雄 日本棋院 2001年
『日本古代食事典』 永山久夫 東洋書林 1998年
キーワード
(Keywords)
囲碁
碁笥
木製
竹製
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000097254解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!