このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211711
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-153
事例作成日
(Creation date)
2015年10月27日登録日時
(Registration date)
2017年03月15日 11時37分更新日時
(Last update)
2017年06月20日 12時55分
質問
(Question)
「小栗流和兵法事目録」について、内容を知りたい。
回答
(Answer)
該当する記述のあった下記の資料を紹介した。

『坂本竜馬大事典』(新人物往来社編 新人物往来社 1995)
 p65「小栗流和兵法事目録」(おぐりりゅうわへいほうのこともくろく)の項あり。
 「龍馬が師の日根野弁治から嘉永六年三月に授けられた目録。流儀の初伝であり、北辰一刀流における初目録に相当する。京都国立博物館蔵」とあり。

『坂本龍馬関係資料』(京都国立博物館編 京都国立博物館 1999)
 p12「小栗流和兵法事目録 嘉永六年」の写真図版あり。
 p80「資料解説」に「小栗流和兵法事目録」について4行の記述あり。「吉善は道場主日根野弁治の名である。」とあり。
 縦9.8、横188.3 1巻とあり。
 p78「京都国立博物館が保管する坂本龍馬の遺品類は平成11年、新たに重要文化財(歴史資料の部)に指定された。」とあり。
 「その10件の資料とは昭和6年に札幌市の坂本弥太郎氏から寄贈された書状、記録類(文書集3巻、目録3巻)6巻と遺品(中略)2点、そして昭和15年に京都市の井口新助氏から寄贈された遺品(中略)2点である。」「坂本弥太郎氏寄贈の資料には(中略)小栗流の剣術の免状(中略)などが含まれている。」「残念ながら京都国立博物館には、寄贈者の住所氏名と年月日を記した簡単な受け入れ台帳があるだけで、両者から寄贈された当時の詳しい経緯がわかる資料は残っていない。」とあり。

『坂本竜馬日記 上』(菊地明、山村竜也編 新人物往来社 1996)
 本文の翻刻の掲載あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 坂本竜馬関連資料を調べる
『坂本竜馬大事典』(新人物往来社編 新人物往来社 1995)
 p64「小栗流」(おぐりりゅう)の項あり。
 「龍馬が嘉永元年から断続的に十三年間修行した剣術の流派。(後略)」
 p65「小栗流和兵法三箇条」(おぐりりゅうわへいほうさんかじょう)の項あり。
 『坂本竜馬関係文書 2 日本史籍協会叢書 116』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1989)
 p546「嘉永6年3月『小栗流和兵法事目録』」とあるが、内容は分からず。
『坂本龍馬関係資料』(京都国立博物館編 京都国立博物館 1999)
『坂本竜馬関係文書 1 日本史籍協会叢書 115』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1988)
 該当する記述なし。

2 武道関連の参考資料を調べる
『国史大辞典 2』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1980)
 p808「おぐりりゅう 小栗流」の項あり。
 参考文献:今村嘉雄他篇「日本武道全集 5」、平尾道雄「朝比奈丹左衛門と小栗流諸芸家」
『日本武道全集 第5巻』(今村嘉雄[ほか]編 人物往来社 1966)
 小栗流の武道書は収録されているが、「小栗流和兵法事目録」はなし。
『近世武道文献目録』(入江康平編 第一書房 1989)
 p110「小栗流和兵法事目録(柔)」1巻 嘉永5年 足達武之助授 三谷市右衛門受 所蔵先 39-14 高知長岡郡 No.10 三谷家
 上記より、三谷家に関する項を確認する。
 p23 「長岡郡資料調査報告書(資料報告書第10集 -桑名・三谷各家史料)」昭和60.3 高知県立郷土文化会館

3 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈小栗流 & 吉善〉で検索する
『坂本龍馬 岩波新書』(松浦玲著 岩波書店 2008)
 p7-8 内容に関する記述あり。「日根野弁治吉善から「小栗(おぐり)流和(やわら)兵法事目録」を得たのが19歳の嘉永6年(1853)晩春(3月)だと、これは現物が京都国立博物館に蔵されており疑いない。「小栗流」は柳生(やぎゅう)の剣に和柔(やわら)の工夫を加えた小栗仁右衛門を流祖とする。「和」が表看板のようだが、目録には太刀運びに関する事項が多く、実質は剣を教える道場になっていたと察せられる。」とあり。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2015年10月20日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
武術  (789 9版)
参考資料
(Reference materials)
『坂本竜馬大事典』(新人物往来社編 新人物往来社 1995), ISBN 4404022050
『坂本龍馬関係資料』(京都国立博物館編 京都国立博物館 1999)
『坂本竜馬日記 上』(菊地明[ほか]編 新人物往来社 1996), ISBN 4404023375
キーワード
(Keywords)
武道
小栗流
坂本 竜馬(サカモト リョウマ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!