このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-090326
事例作成日
(Creation date)
2010/1/21登録日時
(Registration date)
2010年02月24日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月28日 18時37分
質問
(Question)
明治前期の仙台・東京間の旅の経路、必要日数、費用をしりたい。
回答
(Answer)
明治前期の仙台・東京間の旅(経路・日数・費用等)について以下の資料をご案内します。

資料1 『宮城県史 5 地誌交通史』 (宮城県史編纂委員会編, 1960)【K201/ミ1-2/5】
陸運、鉄道、海運等交通史に関する概略があります。
例えば、東北本線の東京仙台間開通は明治20年で、それ以前は、海運か人馬である旨紹介されています。

資料2 『明治日本旅行案内 上巻』 アーネスト・サトウ (平凡社, 1996) 【291.09/96X/1】
p.31「旅宿」に「料金は地域によって異なるが1人につき最低二十銭から三十五銭の間である。」との記載があります
p.32「道路、乗物、料金など-増える人力車」

資料3 『明治日本旅行案内 下巻』 アーネスト・サトウ (平凡社, 1996) 【291.09/96X/3】
pp.236~237「東京から奥州街道を経て青森へ」に日本橋から仙台までの里程の記載があります。
p.238に「「定期馬車」浅草雷門前の手塚社の事務所から宇都宮へ、午前5時に出発し午後十一時に到着する。片道運賃はニ円二十四銭。貸切馬車は十八円。宇都宮から白河へ毎日便があり、片道一円八十銭。」との記載があります。
p.246「白石から仙台へ」に「仙台行きの馬車便が午後一時頃に出発しており、片道料金は一円二十銭である。」との記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
交通史 -- 宮城県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063847解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!