このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245373
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-18-088
事例作成日
(Creation date)
2018年10月31日登録日時
(Registration date)
2018年11月07日 15時12分更新日時
(Last update)
2018年11月15日 16時04分
質問
(Question)
江戸時代に今の長野市栗田にあった観聖寺について
回答
(Answer)
当館資料を調査したところ、下記の資料に観聖寺について記載あり。

(1)『長野県史 近代史料編 第10巻(1)宗教』 長野県編 長野県史刊行会 1982【N209/11-1/10-1ア】p.67-69「明治十一年四月 旧修験無院跡寺院号廃止願並無院跡届につき県許可指令案」内の「水内郡」の項に「栗田村 観聖寺」の記載あり。

(2)『長野県町村誌 1北信篇』 長野県篇 明治文献 1973 【N290/33a/1】
   p35「観聖寺跡」の記載あり。

(3)長野県長野市栗田町内会ホームページ 
  「歴史散策マップ」-栗田城址を整備する会作製「栗田城址とくりたのさと(PDFファイル)」に観聖寺の説明部分あり。
回答プロセス
(Answering process)
1.長野県の寺なので、郷土資料1類の書架を調査。同時に江戸時代の寺院についての資料を調査するが記述のあるものは見つからず。

2.レファレンス協同データベースで「観聖寺」を検索すると、観聖寺が廃寺になったことがわかる資料として『長野県史 近代史料編 第10巻(1)宗教』長野県編 長野県史刊行会 1982の紹介があり確認。→(県立長野-18-003)

3.『長野県町村誌 1北信篇』 長野県篇 明治文献 1973のp34-35に「観聖寺跡」の記述あり。

4.インターネットでも検索したところ、長野市栗田町内会のホームページに「観聖寺」の説明部分あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 8版)
参考資料
(Reference materials)
長野県 編 , 長野県. 長野県史 近代史料編 第10巻 1 文化 宗教. 長野県史刊行会, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I077686420-00
長野県 編 , 長野県. 長野県町村誌 北信篇. 明治文献, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002619444-00
キーワード
(Keywords)
観聖寺
朱印状
観祐法印
長野市(長野県)
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000245373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!