このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0112
事例作成日
(Creation date)
2014/12/31登録日時
(Registration date)
2015年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月28日 00時30分
質問
(Question)
仏具の金剛鈴(こんごうれい)の概要と各部分の名称を知りたい。
回答
(Answer)
『岩波仏教辞典』によりますと、「密教で使われる法具。元来は楽器であった。鈴(れい)の把が独鈷(とっこ)・三鈷・五鈷などの金剛杵(こんごうしょ)の形をとるためこの名がある。またこのほかに宝珠(ほうじゅ)と塔を把にする鈴があり、以上をあわせて<五種鈴>とよぶ。このうち通常は五鈷鈴が最も多く用いられ、修法(しゅほう)の際に諸尊を呼びさまし、歓喜(かんぎ)させ供養するためら振り鳴らされる。これを振鈴(しんれい)という。また鈴の響きは如来(にょらい)の説法にもたとえられる。金剛鈴は金剛杵と対になって諸尊の持物(じぶつ)とされる場合が多い。」とあります。
金剛鈴のうちの三鈷鈴の各部分の名称が『仏具大事典』に掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 岩波仏教辞典 中村元∥[ほか]編 岩波書店 2002年 R-1803-ナ p.353

2 仏具大事典 鎌倉新書 1982年 RB-1864-フ p.254
キーワード
(Keywords)
金剛鈴
仏具
密教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-1101(大津市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168367解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!