このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
与野-1-00017
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年04月11日 10時54分更新日時
(Last update)
2015年01月08日 11時26分
質問
(Question)
昇段・昇級が逆順の数になっているのはなぜか?
回答
(Answer)
『柔道の歴史と文化』(藤堂良明著 不昧堂出版) p.102より、「三.段級制度とその目的」 段級制度の起こりから嘉納治五郎が段級位制を設ける動機について書かれている。それによれば有段者無段者のそれぞれ階級を設けたとある。有段者の最下位を初段、無段者の最上位を1級として上下に幅をもたせたことになり、このため逆順の数が用いられるようになったと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 9版)
参考資料
(Reference materials)
『柔道の歴史と文化』 藤堂 良明/著 不昧堂出版 2007
『嘉納治五郎大系 第2巻 柔道史.柔道修行.柔道試合と審判規程』 嘉納 治五郎/著 本の友社 1987 
























『嘉納治五郎大系 第2巻 柔道史.柔道修行.柔道試合と審判規程 嘉納 治五郎/著
 本の友社 東京 1987 
















『柔道にはなぜ黒帯があるの? 先生なぜですか』 船井 広則/[ほか]著 大修館書店 1991
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000084427解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!