このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
97-D-26
事例作成日
(Creation date)
2012年01月11日登録日時
(Registration date)
2012年01月11日 11時59分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 13時54分
質問
(Question)
八幡浜のみかんはいつ頃からどこで作られるようになったか。
回答
(Answer)
【資料1】の「第四編産業経済 第一章 第一次産業 第一節農林畜産業 (二)明治時代 主な作物」(p580~585)によると、本格的な栽培は、真穴村では明治33年(1900年)ころ、真網代の阿部大三郎が、立間村(現吉田町)の加賀山金吾から、温州みかん苗300本を購入し、栽植したのが始まりで、明治40年ころから、真網代で盛んに栽培されるようになったとある。
 矢野崎村(現向灘)では明治28年(1895年)ころ、同村の大家百次郎が、福岡県より夏かん・ネーブル・温州みかんの苗3000本くらいを取り寄せ、上田吉蔵の屋敷に借り植えし、明治30年になって上田吉蔵を始め5人が、それぞれ100本くらいを畑に定植したのが始まりとされている。

【資料2】によると、矢野崎村に関して本郡市の柑橘栽培(夏かんを除く)のもっとも古き地帯とされている。と書いている。
回答プロセス
(Answering process)
・【資料1】によると明治19年(1886年)ころ日土村で夏かん、明治24年(1891年)ころ真穴村で旭柑・夏かんが植え付けられたとあるが、みかん(蜜柑)ではないようである。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
果樹園芸  (625 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『八幡浜市誌』 八幡浜市誌編纂会/編纂 八幡浜市 1987年 <請求記号:K294.3 /3 /カイ>
【資料2】 『西宇和の果物』 和家學編 伊豫西宇和果物同業組合発行 1937年 (愛媛県立図書館所蔵なし)
キーワード
(Keywords)
みかん(八幡浜市) みかん(やわたはまし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
八幡浜市民図書館
備考
(Notes)
事例出典『郷土資料に関する調査・相談事例集』 愛媛県図書館協会・愛媛県立図書館/編集 愛媛県立図書館 1997年
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000099563解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!