このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054563
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2008-081
事例作成日
(Creation date)
2009/01/29登録日時
(Registration date)
2009年05月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年05月12日 15時30分
質問
(Question)
明治期、埼玉県に開院した県立病院について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
県立病院について記述のあった以下の資料を紹介した。
『埼玉県行政史 1』
p246「県は、同年〔明治12年〕8月23日、県立医学校を廃止するとともに、同日、県立病院(浦和)と県立分病院(熊谷)の設置を布達、翌9月19日に県立病院を、22日に分病院を、それぞれ開院した。」とある。
『埼玉県医師会史 第1部』
p37「明治9年開設した診療所は、12年12月規模を拡張して県立病院とし、同時に大里郡熊谷宿にも同病院分院を開設した。しかし、医学校の廃校により、明治14年6月、熊谷分院を廃止、ついで明治23年3月には浦和の本院も廃止されるに至ったのである。」とある。
『浦和市史 通史編3』
p330「医学校には、衛生局を設け、疾病の治療にあたった。同〔明治〕10年に、これは、診療所と改められた。」
p331「付属の病院は継続されて独立し、熊谷にも分院ができ、旧職員は、病院の職員として採用された。」とある。
『物語浦和市医師会史』
p81「明治12年まで埼玉県医学校は、一般外来患者の診療のみであったが、同年5月に生徒の臨床実習のため入院患者の病室が必要となり、平屋建1棟の病棟を新築した。(中略)12月に主務省の許可を得て県立病院として新発足することになった。病院長は医学校時代からの大野秋香院長がそのまま居残った。」
p83「明治23年3月県立病院も亦赤字累積のため廃止となったが、この時の院長は明治12年東大出の山村直次郎医学士で32歳であった。」とある。
『埼玉県医学校と日習堂蘭学塾』
p112-113に県立医学校の診療事業について記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
埼玉県の行政史資料、医師会史資料、所在していた自治体の市史を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉県行政史 1』(埼玉県 1989)
『埼玉県医師会史 第1部』(埼玉県医師会 1967)
『浦和市史 通史編3』(浦和市 1990)
『物語浦和市医師会史』(浦和市医師会誌編纂委員会 浦和市医師会 1971)
『埼玉県医学校と日習堂蘭学塾』(仲田一信 浦和市尾間木史蹟保存会 1971)
キーワード
(Keywords)
病院-埼玉県-歴史
県立病院
熊谷市-浦和市(さいたま市)-埼玉県
郷土資料 
地方行政-歴史-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054563解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!