このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028507
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-05-137
事例作成日
(Creation date)
2005年2月5日登録日時
(Registration date)
2006年04月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年04月30日 11時56分
質問
(Question)
明治35年の中央線沿線(茅野・諏訪・木曽福島)にあった、大きな製材所の名前を知りたい。記載されている資料を紹介してもらいたい。
回答
(Answer)
時代が古く資料もすくないので、明治35年前後というかたちでの回答とする(質問者了承済み)。

明治40年発行の『信濃山林誌』に、「県下製材業者一覧」あり(p.143-144)。中央線沿線では、大桑村の製材所(当時は製板所とよんでいた)の名がひとつ挙げられている。

また、製材所の名前こそ書かれていないが、『大桑村史』にも明治30年以降の製材所について記述あり(p.738)。『長野県西筑摩郡地図』にも木曽地方に10ヵ所製板所が載っており、うち木曽福島にも2つあり。

茅野・諏訪に関しては地史等を調査したが製材所についての記述なし。

回答プロセス
(Answering process)
① 当館で所蔵している製材業者名簿は昭和29年以降のもの。そのため県史や市町村史などの歴史資料を調査。
茅野・諏訪・木曽福島の町村史及び長野県史を調査するが、該当事項についての記述なし。

② 歴史ではなく林業からも調査。郷土資料650の棚を調査したところ、『信濃山林誌』に県下製材業者一覧表を発見。

③ 一覧表のうち、木曽地方では大桑村に製材所があったので、『大桑村史』も調査したところ、若干の記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林史.林業史.事情  (652 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
製材所
製板所
長野県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000028507解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!