このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137345
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2013口頭0901
事例作成日
(Creation date)
2012/3/22登録日時
(Registration date)
2013年09月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年09月19日 10時40分
質問
(Question)
2009年に起こったという、木星への小惑星の衝突について調べています。衝突した小惑星の大きさについて書かれた資料を紹介してください。
回答
(Answer)
当館所蔵資料等を調査したところ、衝突した小惑星の大きさについて言及がある資料(1)~(3)が見つかりましたのでご紹介します。

(1)
論題:The Impact of a Large Object on Jupiter in 2009 July
著者:A. Sánchez-Lavega , A. Wesley, G. Orton, R. Hueso1, S. Perez-Hoyos, L. N. Fletcher, P. Yanamandra-Fisher, J. Legarreta, I. de Pater, H. Hammel, A. Simon-Miller, J. M. Gomez-Forrellad, J. L. Ortiz, E. Garc´.a-Melendo, R. C. Puetter, and P. Chodas.
雑誌名:The Astrophysical Journal
出版者:IOP Publishing
巻号・年月日:715(2) (Pt.2) 2010.6.1
ページ:L155~L159
ISSN:2041-8205
当館請求記号:Z53-A308

p.155の要約に「Comparison of the initial aerosol cloud debris properties,(中略)indicates that the impactor was most probably an icy body with a size of 0.5-1 km.」という記述があり、本文中で詳細な推定方法が述べられています。
当資料は当館で所蔵しているほか、IOP Publishing社が運営するデータベース「IOPscience」( http://iopscience.iop.org/ )において、雑誌『The Astrophysical Journal Letters』の記事として全文が公開されています。本文は以下のURLで見ることができます。
http://iopscience.iop.org/2041-8205/715/2/L155


(2)
論題:The aftermath of the July 2009 impact on Jupiter: Ammonia, temperatures and particulates from Gemini thermal infrared spectroscopy
著者:Leigh N. Fletchera, G. S. Ortonb, I. de Paterc, M. L. Edwardsd, P. A. Yanamandra-Fisherb, H. B. Hammele, C. M. Lissef, B. M. Fisherb
雑誌名:Icarus
出版者:Elsevier
巻号・年月日:211(1) 2011.1
ページ:568~586
ISSN:0019-1035
当館請求記号:Z53-A313

p.568の要約に「The excess thermal energy places lower limits on the total energy of the impact (1.8-15.7 × 10^26 ergs), which limits the impactor diameter to 70-510 m (depending on the bulk density chosen for the material).」という記述があり、本文中で詳細な推定方法が述べられています。


(3)
論題:The atmospheric influence, size and possible asteroidal nature of the July 2009 Jupiter impactor
著者:G.S. Ortona, L. N. Fletcherb, C. M. Lissec, P. W. Chodasa, A. Chengc, P. A. Yanamandra-Fishera, K. H. Bainesa, B. M. Fishera, A. Wesleyd, S. Perez-Hoyose, I. de Paterf, H. B. Hammelg, M. L. Edwardsh, A. P. Ingersolli, O. Mousisj, F. Marchisf, k, W. Golischl, A. Sanchez-Lavegae, A. A. Simon-Millerm, R. Huesoe, T. W. Momarya, Z. Greenen, N. Reshetnikovo, E. Ottop, G. Villarq, S. Lair, M. H. Wong
雑誌名:Icarus
出版者:Elsevier
巻号・年月日:211(1) 2011.1
ページ:587-602
ISSN:0019-1035
当館請求記号:Z53-A313

p.587の要約に「From thermal heating and mass-transport considerations, the diameter of the impactor was roughly in the range of 200-500 m, assuming a mean density of 2.5 g/cm3.」という記述があり、本文中で詳細な推定方法が述べられています。


[その他調査済み資料・データベース]
・『天界 = The heavens』(東亜天文学会 【Z15-34】)
・『天文ガイド』(誠文堂新光社 【Z15-36】)
・『天文月報』(日本天文学会 【Z15-38】)
・NDL-OPAC( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/
・J-GLOBAL( http://jglobal.jst.go.jp/
・J-STAGE( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
・JDreamIII [当館契約データベース]
・ProQuest Central [当館契約データベース]
・Science Direct [当館契約データベース]

インターネット・データベースの最終アクセス日は2013年8月9日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
惑星.衛星  (445 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
木星
天体衝突
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137345解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!