このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039103
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0847
事例作成日
(Creation date)
20070930登録日時
(Registration date)
2007年11月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月19日 12時45分
質問
(Question)
天正年間(1573~1591)に現在の大仙市、旧神岡町神宮寺において「肝煎」という言葉が使われていたか。私文書(個人所蔵の古文書)に表記があるのは確認済みだが、公文書(刊行された資料)での記載があるかを確認したい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では「肝煎」の記載は見つけられず。なお、秋田県公文書館古文書班より、かつて神岡町の現地調査時に「冨樫家文書」(天正七年頃の古文書)を見た折、「神宮寺村 肝煎 冨樫クラノスケ」(三名の連名)という表記を見た記憶があり、県史等においては江戸時代からの職掌として位置付けがなされているが、それ以前より村の総まとめ役として「肝煎」という存在があったことは考えられるのでは、との事。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『神岡町史』、『郷土誌かみおか』、『秋田の農民一揆』
NDC
東北地方  (212 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
県内図書館
登録番号
(Registration number)
1000039103解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!