このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-237
事例作成日
(Creation date)
2006/09/02登録日時
(Registration date)
2007年04月12日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年04月25日 10時27分
質問
(Question)
大宮にある氷川神社周辺が沼であったころの地図を探している。
回答
(Answer)
『新編武蔵風土記稿 7』p117-119「正保年中改訂図」(三沼という名称の沼あり、大宮の氷川神社の記載なし)、p120-122「元禄年中改訂図」(三沼という名称の沼あり、大宮の氷川神社の記載あり)
(江戸時代の「見沼」は「三沼」と表記されていた)。
回答プロセス
(Answering process)
江戸時代寛永年中(1624-1643)に見沼溜井ができるまで、現在のさいたま市・川口市には「見沼」「入江沼」「鴻沼」「鴻巻沼」など多数の沼が散在していた。その後見沼溜井は、享保12年に干拓され、見沼たんぼとなった。したがって、沼があったのを確認できるのは、干拓される前にできた地図となる。
関連の資料を調査したが、干拓される前の地図で確認できたのは、『新編武蔵風土記稿 7』p117-119「正保年中改訂図」(三沼という名称の沼あり、大宮の氷川神社の記載なし)、p120-122「元禄年中改訂図」(三沼という名称の沼あり、大宮の氷川神社の記載あり)のみ。江戸時代の「見沼」は「三沼」と表記されていた。
氷川神社周辺が沼であったという記述がある資料。
『武蔵の古社』p27-35、p78-79
『新編埼玉県史 通史編1』p724-725
『大宮市史 2』p137
『見沼たんぼを歩く』p85
『見沼土地改良区史』p27.62
『氷川神社社叢調査報告』p70
『川口市史 通史編上』p499
『関東郡代伊奈氏の研究』p18
『氷川女体神社』p6
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編武蔵風土記稿 7』(雄山閣 1996)
キーワード
(Keywords)
氷川神社
見沼たんぼ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000034513解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!