このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260112
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2017-05-003
事例作成日
(Creation date)
2017年05月18日登録日時
(Registration date)
2019年08月12日 12時07分更新日時
(Last update)
2019年09月12日 18時30分
質問
(Question)
安来拳について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では関連資料がなかったので、インターネット情報を検索した。

資料1:高橋浩徳「日本の拳遊戯(中)」。p205-206に「安来拳」の記述あり。「島根県安来市に伝わる酒席の拳。まず島根県民謡の安来節を歌う。終わった後に狐拳を打つ。2回連続して勝つと勝ちになる」とあり。大正11年刊行の華城山人『正調安来節の唄ひ方 踊り方と拳の打方』(文耕堂)という本に安来拳の打ち方が載っていることから、それ以前に考案されたものであるとする。
また、1990年代までは保存会があって行われていたようだが現在は途絶している。しかし、2012年の新聞に出雲市斐川町の住民によって保存活動が行われ、細々とながら継承されているようである、としていた。

資料2:資料1にあった『正調安来節の唄ひ方 踊り方と拳の打方』は当館に所蔵がなく、国会図書館サーチで検索するが該当なし。しかし、「正調安来節」の言葉で検索したところ、この資料に当たる。表紙に「安来拳打方」とあり。デジタル公開。
p25に「拳の打方」あり。安来拳は全歌詞を唄い終わった後に続いて、狐・鉄砲・庄屋の手振によって掛け声及び手拍子を一切りとして、一番の勝負を決する(ただし、打ち始めの最初の一番は棄て拳と称して無効とする)。連続して2番勝った方を勝者とする。この後ろに打ち方と掛け声のかけ方を載せる。

資料3:安来市文化財愛護の会が作成した資料。安来拳とは狐拳の一種で「三すくみ拳」であり、安来節の発達とともに広がったとする。このほか、三すくみ拳の説明、拳の手(所作)、テンポ(手拍子・掛け声)、勝ち負けと、安来拳の「合いの手」の紹介を載せる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の室内娯楽  (798 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要 第16号(2014.6)pp.187-238.高橋浩徳「日本の遊戯拳 (中)」 (大阪商業大学リポジトリ  https://ouc.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=19&item_no=1&page_id=13&block_id=21 )
【資料2】江風散士,正調安来節の踊り方と唄ひ方,奥村久太郎.1921 (国会図書館サーチ  https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001554542-00 )
【資料3】安来市文化財愛護の会,安来拳について(PDF) ( https://www.city.yasugi.shimane.jp/kouryu/iinashi-cs/oshirasae/yasugiken.data/yasugiken.pdf )
キーワード
(Keywords)
拳あそび
狐拳 きつね拳
安来節
安来拳
お座敷遊び
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000260112解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!