このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086929
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10060212056373
事例作成日
(Creation date)
2010/06/02登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
スマートフォンとはどんなものか。携帯電話とどこが違うのか。機械にあまり詳しくないので簡単に説明しているものが知りたい。
回答
(Answer)
資料①では、「メールやインターネットといった情報端末機能を備えた携帯電話のこと。しかし現在では、通常の携帯電話でもメールやネットなどにアクセスできるため、ケータイキャリアドメインのメールやネットサービスには対応していないものの、PC用のメールやネットが快適にできる携帯電話をスマートフォンと呼ぶのが一般的です。」とあり、資料②には、「スマートフォンが携帯電話とパソコンの中間的な存在であることです。特に、パソコンでできて携帯電話にはできない機能を、ワンハンドで操作できるのが、スマートフォンの長所といえます。」とあり,資料③には,「スマートフォンに対し絶対的な定義が存在するわけではないが,本章では、業界で最も一般的な定義となっている『オープンなOSを採用し、かつ第三者がアプリケーションを開発する環境が整っている携帯電話』を示すこととする」とあり、資料④には、「定義は時期により、また国内と海外で変化しているが、現在では、①携帯電話より大きくタッチパネルも付いたディスプレイを搭載②パソコン用のWebサイトをそのまま表示できる③パソコン用のメールアドレスを使ってメールを送受信可能④アプリケーションソフトを誰でも自由に開発できる環境があり、そのアプリを自由に利用できる―という携帯電話をスマートフォンと呼ぶのが一般的だ』とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気通信事業  (694 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①『月刊仕事とパソコン No.116』研修出版,2010,参照はp.53 資料②『I/O 平成22年6月号』工学社,2010,参照はp.78 資料③ 川浜昇ほか編『モバイル産業論』東京大学出版会,2010,250p.参照はp.209 資料④『日経パソコン No.603』日経BP社,2010,参照はp56
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010060212005356373
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086929解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!