このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2019-091
事例作成日
(Creation date)
2018年10月14日登録日時
(Registration date)
2020年01月22日 13時50分更新日時
(Last update)
2020年07月01日 13時35分
質問
(Question)
数学の確率の起源や歴史について、具体的に書かれた図書を見たい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。

『確率と統計 不確実性の科学 はじめからの数学 4』(ジョン・タバク著 青土社 2005)
 p20-69確率の歴史について記述あり。
『偶然の確率』(アミール・D.アクゼル著 アーティストハウス 2005)
 p7-14「先史時代にさかのぼる確率の歴史」確率の歴史について記述あり。
『確率の科学史 「パスカルの賭け」から気象予報まで』(マイケル・カプラン[ほか]著 朝日新聞社 2007)
 p23-49「発見」確率の歴史について記述あり。
『確率論の黎明』(安藤洋美著 現代数学社 2007)
 古代からパスカルの時代までの確率論前史について記述あり。
『確率論史 パスカルからラプラスの時代までの数学史の一断面』(アイザック・トドハンター著 現代数学社 1975)
 パスカルからラプラス時代までの確率論史について記述あり。
『世界を変えた手紙 パスカル、フェルマーと〈確率〉の誕生』(キース・デブリン著 岩波書店 2010)
 確率論の誕生と発展について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈件名:確率論〉で検索する。

2 《Japan Knowledge》(ネットアドバンス)を〈確率論〉で検索する。

3 《国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)を〈確率論〉〈確率 & 誕生〉〈確率 & 歴史〉〈確率 & 起源〉で検索する。

4 《CiNii Books》( http://ci.nii.ac.jp/books/  国立情報学研究所)を〈確率論 & 歴史〉〈確率論 & 誕生〉で検索する。

5 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈確率論 & 歴史〉で検索する。


ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年10月14日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
確率論.数理統計学  (417 9版)
参考資料
(Reference materials)
『確率と統計 不確実性の科学 はじめからの数学 4』(ジョン・タバク著 青土社 2005), ISBN 4-7917-9164-9
『確率論の黎明』(安藤洋美著 現代数学社 2007), ISBN 978-4-7687-0369-4
『偶然の確率』(アミール・D.アクゼル著 アーティストハウス 2005), ISBN 4-902088-66-5
『確率の科学史 「パスカルの賭け」から気象予報まで』(マイケル・カプラン[ほか]著 朝日新聞社 2007), ISBN 978-4-02-250262-9
『確率論史 パスカルからラプラスの時代までの数学史の一断面』(アイザック・トドハンター著 現代数学社 1975)
『世界を変えた手紙 パスカル、フェルマーと〈確率〉の誕生』(キース・デブリン著 岩波書店 2010), ISBN 978-4-00-006277-0
キーワード
(Keywords)
確率論-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
数学
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000272813解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!