このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261387
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2019.9-4
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2019年09月14日 10時57分更新日時
(Last update)
2019年10月14日 14時26分
質問
(Question)
太平洋戦後の消防団の歴史について。特に、火の見櫓の鐘の長さで火事の知らせが異なっていたと思う。それについて知りたい。
回答
(Answer)
●所蔵資料を調べる
 消防の歴史については
 『消防団の源流をたどる』 
 『消防団百二十年史』 ・・・①
 『写真図説日本消防史』
  江戸時代の消防から出版時までの350年史。写真・図が豊富
 『消防団員実務必携』

●鳴らし方の決まりについて
  資料①に、「~半鐘の打ち方、消防信号については、都市部、農漁村等の地域の特性や気候
  の関係で、勅令消防組規則が交付されるまでは、各地区独自~(略)。これが内務省令消防組
  規則施行概則第9条で、「水火災ノ信号及び信号担当者ハ最速ヲ以って  定ムヘシ」と規定され、
  各府県の細則において、半鐘の打ち方、信号が統一されました。」とあり。半鐘は写真のみ。

●半鐘について
  『火の見櫓』 の裏表紙ほかに 消防信号の写真掲載あり。
  静岡県森町三倉、栃木県下野市石橋の半鐘の叩き方はこの写真より
  確認することができる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317)
参考資料
(Reference materials)
後藤一蔵 著 , 後藤, 一蔵, 1945-. 消防団の源流をたどる : 二一世紀の消防団の在り方. 近代消防社, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002954794-00 , ISBN 4421006300
日本消防協会編 , 日本消防協会. 消防団120年史 : 日本消防の今日を築き明日を拓くその歩み. 近代消防社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I005732802-00 , ISBN 9784421008418
消防学校消防団員教育研究会 編著 , 消防学校消防団員教育研究会. 消防団員実務必携 12訂版. 東京法令出版, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028292346-00 , ISBN 9784809024320
火の見櫓からまちづくりを考える会 編 , 火の見櫓からまちづくりを考える会. 火の見櫓 : 地域を見つめる安全遺産. 鹿島出版会, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010918246-00 , ISBN 9784306045460
国書刊行会 編 , 国書刊行会. 写真図説日本消防史. 国書刊行会, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001688249-00
キーワード
(Keywords)
消防団
歴史
半鐘
火の見櫓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261387解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!