このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027360
提供館
(Library)
慶應義塾大学信濃町メディアセンター (3320001)管理番号
(Control number)
keio70-06001
事例作成日
(Creation date)
2006年02月14日登録日時
(Registration date)
2006年02月14日 19時33分更新日時
(Last update)
2008年07月18日 18時55分
質問
(Question)
米国で使われている視力検査表を急いで入手したい。日本で使われているものと比較したいので両方が出ているものが良い。
回答
(Answer)
メルクマニュアル医学百科 家庭版 2004
眼の病気. 眼の病気の症状と診断. 診断
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec20/ch225/ch225c.html
をご覧ください。
・米国 スネレン視力検査表
・日本 ランドルト環
が一般的とあります。
それぞれGoogle等で検索されますと多数のサイトに掲載されていますので、関係学会などの信頼性の高いサイトに掲載された資料からお選びいただくとよろしいかと存じます。
原スペルはそれぞれ、Snellen Chart, Landolt-C, Landolt Chartと呼ばれているようです。
回答プロセス
(Answering process)
学外からの電話質問で急ぎで文献入手を希望していたため、インターネット上の資料を探すこととした。Googleで"視力検査表 アメリカ”で検索すると、定評のあるハンドブックの一般向け版「メルクマニュアル家庭版」Web版に記載があった。米国はスネレン視力検査表(Snellen Chart)、日本はランドルト環(Landolt C, Landolt Chart)が一般的とある。それぞれの名称でさらにGoogle検索すると多数ヒットする。視力表自体はどのような形式のものが必要か、比較項目は何かなど詳細が不明なので、利用者自身に見極めてもらうこととした。
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496)
参考資料
(Reference materials)
メルクマニュアル医学百科 最新家庭版 2004
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j
キーワード
(Keywords)
視力検査表
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000027360解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!