このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢柳瀬-2020-002
事例作成日
(Creation date)
2019/03/20登録日時
(Registration date)
2020年05月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年05月28日 11時08分
質問
(Question)
すみれの花を使った料理が記載されている本はないか。
回答
(Answer)
以下の資料に、すみれの花を使った料理の記載があります。
 〇『野草と暮らす365日』 山下智道/著 山と渓谷社 2018年
 〇『花とハーブ』 橋本郁三/文・写真 淡交社 1998年
 〇『花のくすり箱』 鈴木昶/著 講談社 2006年
 〇『救荒雑草』 佐合隆一/著 全国農村教育協会 2012年
 〇『薬効もある山野草カラー百科』 畠山陽一/著 パッチワーク通信社 1997年
 〇『フラワー&ハーブCookBook』 ピップ・マコーマック/著 宮田攝子/訳 ガイアブックス 2015年
 〇『野山のデザート』 新田聡子/著 地球丸 2006年
 〇『スパイス&ハーブ辞典』 武政三男/著 文園社 1997年
 〇『カラー図鑑ハーブの秘密』 ジル・デイヴィーズ/著 西村書店 2018年
 〇『基本ハーブの事典』 北野佐久子/編 東京堂出版 2005年
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料の内容確認
 「エディブルフラワー」、「食用花」などをキーワードに検索
 
【和食のレシピ等】
 〇『野草と暮らす365日』 山下智道/著 山と渓谷社 2018年
  p18-19 「スミレ」の項目に「スミレの葉の白和え」「マンジュリカ(スミレ)シロップのババロア」の作り方の記載があります。
 〇『花とハーブ』 橋本郁三/文・写真 淡交社 1998年
  p124 「スミレ・はるさめサラダ」の作り方の記載があります。
 〇『花のくすり箱』 鈴木昶/著 講談社 2006年
  p14 お茶の作り方について記載があります。
 レシピはないが、「花の二杯酢、葉の和え物、浸し物、煮物、天ぷら、スミレ飯」にして食していたとの記載があります。
 〇『救荒雑草』 佐合隆一/著 全国農村教育協会 2012年
  p132-133 「どの種類のスミレも食べられるといわれている。若芽、若葉はお浸しや天ぷらに、花はサラダに、根はトロロにして食べる。」「葉は茹でて水に浸して食べる。根はよく煮詰めて、水にさらして食べるか細切りにしてご飯に混ぜて食べる。」と記載があります。
 レシピはないが、「お浸し、和え物、すまし汁、塩漬、花の糖蜜・砂糖煮」にするとの記載があります。
 〇『薬効もある山野草カラー百科』 畠山陽一/著 パッチワーク通信社 1997年
  p32 「オオバキスミレ」の食べ方について「つぼみのついた新芽を摘み、かるくゆでて水にさらし、おひたし、あえ物、煮つけ、汁の実にする。生のまま天ぷら、サラダ、料理の彩りに使う。」との記載があります。
  p33 「スミレサイシン」の食べ方について「開花直前までの新芽を摘み、ゆでておひたし、酢の物、汁の実など。」との記載があります。
 
 
【洋食やデザートのレシピ等】
 〇『フラワー&ハーブCookBook』 ピップ・マコーマック/著 宮田攝子/訳 ガイアブックス 2015年
  p140-141 「スミレのスコーン」の作り方の記載があります。
 〇『野山のデザート』 新田聡子/著 地球丸 2006年
  p18-19 「すみれの花の砂糖がけ」「すみれの花のゼリー」の作り方の記載があります。
 〇『スパイス&ハーブ辞典』 武政三男/著 文園社 1997年
  p109-110 「スイートバイオレット」「生の花や若葉は、サラダに混ぜて生のままで食べたり、乾燥させてハーブティーとしても利用できる。フランスには昔からその名も「バイオレット」という料理があるが、これは花をゆでてどろどろにつぶし、ミルク、米の粉、砂糖か蜂蜜を混ぜたもの。また古代ローマ人はバイオレット入りのワインを好んだといわれるが、これにならって、果実酒に漬け込んで香りと色を楽しんでもよいだろう。」と記載があります。
 〇『カラー図鑑ハーブの秘密』 ジル・デイヴィーズ/著 西村書店 2018年
  p70 「スイートバイオレット/ニオイスミレ」について、「料理に使うには」の項目に「スフレのシロップ、クリーム、デザート、リキュール、スコーン、マシュマロ、シャーベットに。花の砂糖漬けをデザートの飾りに。生の花はチョコレート、サラダ、ローストチキンの詰め物に。ラズベリーともよく合う。」との記載があります。 
 〇『基本ハーブの事典』 北野佐久子/編 東京堂出版 2005年
  p58 「スイート・ヴァイオレット」の料理について「『ヴァイオレット』は特に有名なお菓子。これはスミレの花びらをゆでて、つぶし、粉、ミルク、蜂蜜で甘さを加えたもので、貴族たちが好んだ」その他の記載があります。
 △『西洋中世ハーブ事典』 マーガレット・B.フリーマン/著 八坂書房 2009年
  p148 「ニオイスミレ」の項目に「15世紀のある写本の中で、スミレは『ポタージュ用ハーブ』、さらには『ソース用ハーブ』のひとつに挙げられている。『スミレの花』は『サラダ用』である。『パリの家長』はスミレの葉をハーブオムレツに入れた」との記載があります。
 △『イラストで見る世界の食材文化誌百科』 ジャン=リュック・トゥラ=ブレイス/著 原書房 2019年
  p177 「花」の項目に「野生のスミレは牛肉のひと切れと相性がいい」との記載があります。
 △『ハーブBOOK』 新星出版社 1996年
  p99 「スウィートバイオレット」の項目に「花は砂糖菓子にしたり、リキュール類の香りづけに、また葉とともにサラダや肉のつけ合わせにも用います」との記載があります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
植物学  (470 9版)
工芸作物  (617 9版)
参考資料
(Reference materials)
野草と暮らす365日 山下智道/著 山と溪谷社 2018.7 470 978-4-635-58039-7
花とハーブ 橋本郁三/文・写真 淡交社 1998.7 596.3 4-473-02031-2
花のくすり箱 鈴木昶/著 講談社 2006.5 499.87 4-06-213426-8
救荒雑草 佐合隆一/著 全国農村教育協会 2012.9 471.9 978-4-88137-151-0
薬効もある山野草カラー百科 畠山陽一/著 パッチワーク通信社 1997.6 657.86 4-89396-282-5
フラワー&ハーブCookBook ピップ・マコーマック/著 ガイアブックス 2015.1 596.3 978-4-88282-935-5
野山のデザート 新田聡子/著 地球丸 2006.4 596.37 4-86067-123-6
スパイス&ハーブ辞典 武政三男/著 文園社 1997.1 617.6 4-89336-101-5
カラー図鑑ハーブの秘密 ジル・デイヴィーズ/著 西村書店 2018.5 617.6 978-4-89013-789-3
基本ハーブの事典 北野佐久子/編 東京堂出版 2005.12 617.6 4-490-10684-X
キーワード
(Keywords)
エディブルフラワー
食用花
すみれ
野草
料理
バイオレット
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000282480解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!