このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001046910
事例作成日
(Creation date)
2020/10/20登録日時
(Registration date)
2020年12月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月12日 00時30分
質問
(Question)
ミャンマーの民族衣装ロンジーとエンジーについて知りたい。
回答
(Answer)
ミャンマーの民族衣装ロンジーは腰に巻くもので、エンジーはその上着です。
以下の資料に記述がありました。

・『ミャンマーを知るための60章(エリア・スタディーズ)』(田村克己/編著 明石書店 2013.10)
「Ⅳ 文化」第13章「民族衣装-ロンヂーとエンヂー」(p.212-215)
「ミャンマーの民族衣装とは何かと言うと、ロンヂーという腰に巻くものと、その上着であるエンヂーであり、簡単な衣装であると言える。日本で言う着物のしたの裾よけのようなもので、輪状に縫った布の中に体を入れ、布を巻きつけているだけのものだ。洋服のように立体的に作られていない。男性はパソー、女性はタメインと言い、巻き方が違う。女性は着物の裾除けのように左右にまくが、男性は前で結ぶ。雨季は長く、雨量は半端でなく多いので、濡れないように裾をからげて短くすることもできるし、それを身に着けたままその中で、着替えや水浴びもできる。ライフスタイルによくあう衣装とも言える。(後略)」(p.213-214)
「伝統的なシルクのエンヂーとロンヂー」と題された二人の女性が写った写真が掲載されています。(p.213)

・『世界の民俗衣装:装い方の知恵をさぐる』(田中千代/著 平凡社 1985.9)
「わ4 ビルマ」(p.95-96)に女性用のロンジーとエンジーの説明や、着方が絵付きで掲載されており、次の記述があります。ビルマはミャンマーの旧国名です。
「ビルマ族の女性の服装、ロンジー(LongyiまたはLungyi スカート)とエンジー(Eingyi ブラウス)で構成される」(p.95)
「ロンジーはくるぶし丈の古紙布で、幅広の布地を建てに一本だけ縫ってわにしたもの。以前は縫い合わせないで、布のまま腰に巻きつけていたこともあるようだ。ロンジーは、タイマッティン(Htaing-ma-thein)ともいう。(後略)」(p.95)
「わ5 ビルマ」(p.97-98)に男性用のロンジーの説明や、着方が絵付きで掲載されています。
「近年ではエンジ―の替りにワイシャツを着る人も多い」との記述もあります。(p.97)
また巻頭の口絵36・37・38には「ビルマ ロンジー」と題された女性の写真が、39・40には「ビルマ ロンジー」と題された男性の写真が掲載されています。(p.16-17)

・『世界の民族衣装文化図鑑 1 中東・ヨーロッパ・アジア編』(パトリシア・リーフ・アナワルト/著 柊風舎 2011.9)
「6 東南アジア」「大陸部」に「ミャンマー」があり(p.266-270)、「ロンジー」について次の記述があります
「現存する17世紀の浅浮き彫りに描かれているビルマ人の貴族女性は、前面に合わせがある長い巻きスカート(現在のロンジーlongyi)をはき、わき下を通して背中にまわす形の胸当てをつけている。また、ショールを片方の肩に斜めに掛けてもいる。今日、ロンジーは一般的に熱帯に適した面で織られている。19世紀半ばまで、女性は地元産の綿を使い、家族のための布をヤカン式足踏み機織で織っていた。(後略)」(p.266)
また、同ページに図版[429]としてこの文章の説明にある「ミャンマー、ミャウーのシッタウン寺院にある17世紀の浅浮き彫り」の写真が掲載されています。
「エンジー」「エンヂー」についての記述はありませんが、図版[432]には「女性用の袖なしブラウス」、[433]「4枚の手織りの布を直線で縫い合わせた女性用袖なしチュニック」の写真が掲載されています。(p.268-269)
また、図版[434]に「2枚の絹の布を縫い合わせたロンジー」の写真が掲載されています。

・『世界服飾文化史辞典』(河鰭実英,野村久康,佐藤潔人/編 東京堂出版 1973)
「ロンジー」「ロンヂー」ではなく、「ロンギ longi lungyi」が掲載され、次の記述があります。(p.241)
「ビルマの男女が白いシャツやジャケットの下に着用する腰巻き。ウエストでしわをよせるが、特に左前に深いプリーツを一つたたみ、それは腰巻にズボンの効果をもたせる。(後略)」
「エンジー」「エンヂー」「エンギ」は掲載されていません。

[事例作成日:2020年10月22日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 10版)
参考資料
(Reference materials)
ミャンマーを知るための60章 田村/克己∥編著 明石書店 2013.10 (212-215)
世界の民俗衣装 田中/千代∥著 平凡社 1985.9 (16-17、95-98)
世界の民族衣装文化図鑑 1 パトリシア・リーフ・アナワルト∥著 柊風舎 2011.9 (266-270)
世界服飾文化史辞典 河鰭実英,野村久康,佐藤潔人編 東京堂出版 1973 (241)
キーワード
(Keywords)
ミャンマー(ミャンマー)
民族衣装(ミンゾクイショウ)
Longyi(ロンヂー)
Lungyi(エンヂー)
ロンギー(ロンギー)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000290600解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!