このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000174926
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-014
事例作成日
(Creation date)
2013年11月13日登録日時
(Registration date)
2015年05月21日 17時51分更新日時
(Last update)
2015年06月30日 13時23分
質問
(Question)
スペインの「ジプシー」の発生の起源・経緯と事情が知りたい。
回答
(Answer)
スペインに限らず、「ジプシー」と呼ばれる人々の起源はインドにあるという説が主流である。彼らの故郷や発生地について、インド北西部、インダス川流域、パンジャブ地方とする記述を複数確認し、回答プロセスの資料を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
参考図書を〈ジプシー〉で調べる。
『ブリタニカ国際大百科事典 9』(フランク・B.ギブニー編 TBSブリタニカ 1973)
 p3-7〈ジプシー〉の項に「起源 血液型と言語の分析では、ジプシーの発生地はインドのインダス川流域という可能性が強い。内婚的傾向、共食や汚れに関する規制、特定の職業の選択など、いくつかのカースト的行動様式の存在が、こうしたインド起源の推測を裏づけている。(中略)グレルマンH.M.G.(ドイツの歴史学者一七五六~一八五二)のチムール説では、ジプシーはチムールによってインドから駆逐され、そして、一四一七年にはじめてヨーロッパに来たと主張されている。ほかの説では、ジプシーは様々のインド人移民と同一視されている。このほか、S.ロバーツはジプシーはキリスト以前においてエジプトに起源したと考え(以下略)」「スペインのフェリペ二世は、漂泊ジプシーを定住させようとした(一五六〇)初期の人物である。法の改正によってジプシーには永代居住地が与えられることになり、彼等はセビリアのトリアナ・バリオのような大都市近辺の居留地区や、グラナダ近くのサクロ・モンテ洞窟のような辺境に定住しはじめた。」との記述あり。
『スペイン・ポルトガルを知る事典』(池上岑夫監修 平凡社 2001)
 p146〈ジプシー〉の項に「イベリア半島にインドを故郷とするジプシーたちが到着したのは、15世紀を通じてのことで、スペインは当時、国土回復戦争(レコンキスタ)の最終段階に入っていた。」とあり。また、ヒターノ、ロム、ロムニーという呼称も記述あり。
『文化人類学事典』(石川栄吉編 弘文堂 1987)
 p334〈ジプシー〉の項に「彼等は6世紀から7世紀にかけてインド北西部から移動を開始した。その原因は現在でも判明していない。14世紀になって東部ヨーロッパやバルカン半島に移ってきた。(中略)かれらの言語はインド・アーリヤ語系に入る。しかし、現在のジプシーの多くが使用している言語は、ヨーロッパに移動してくるまでに通過した多くに国の言語を取り入れて変化してきた。」とあり。

自館目録を〈ジプシー〉で検索し調査する。
『ジプシー差別の歴史と構造』(イアン・ハンコック著 彩流社 2005)
 p25-30「ロマニの起源はインド北部にあり、おそらくは西暦八〇〇年から九五〇年までのあいだのいつか、ここから西方へと移動を開始して、一一〇〇年ころよりも少しあと、ヨーロッパに到着した」との記述あり。以降、インドからの移動の経緯について記述あり。
『ジプシーの謎を追って』(木内信敬著 筑摩書房 1989)
 p10「いつヨーロッパに入ったか 現在英語でジプシーと呼ばれている民族が、フランス・イギリス・スイス・スペインなど、西ヨーロッパの国々に、始めて姿をあらわしたのは、今から五〇〇年ほど前、一五,六世紀のころでした。」とあり。
 p29「言語学者グレルマンの発見」 ジプシーの日常使用するロマニー語とインドのサンスクリット語の類似から、ジプシーのインド起源説を提唱している。
『ウエルズ世界文化史大系 3』(H.G.ウェルズ著 大鐙閣 1943)
 p401-403「ジプシー族 思ふに此連中は、帖木兒(チムール)の虐殺によつてレスポンド海峡越しに欧州に追ひ込まれる前に、数世紀の間、西亜細亜の世界を漂浪して居たものに相違ない。丁度オットマン土耳古族と同様に漂泊して居たのであらうが、唯あれ程運が良くなかつただけの事である。」との記述あり。

その他調査済み資料
『日本国語大辞典 6』(日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編 小学館 2001)
『ジプシー』(ヤン・ヨァーズ著 早川書房 1977)
『ジプシー』(ジュール・ブロック著 白水社 1982)
『National Geographic日本版 7-4』(p84-113 日経ナショナルジオグラフィック社 2001)
「ジプシーの伝承 (1)起源」(『言語 30-1』p8-11 大修館書店 2001)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
世界史.文化史  (209 9版)
民俗学.文化人類学  (389 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ブリタニカ国際大百科事典 9』(フランク・B.ギブニー編 TBSブリタニカ 1973)
『文化人類学事典』(石川栄吉編 弘文堂 1987), ISBN 4-335-56056-7
『ジプシー差別の歴史と構造』(イアン・ハンコック著 彩流社 2005), ISBN 4-88202-971-5
『ジプシーの謎を追って』(木内信敬著 筑摩書房 1989), ISBN 4-480-04132-X
キーワード
(Keywords)
ジプシー
ロマ-スペイン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000174926解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!