このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2010-0312
事例作成日
(Creation date)
2010年03月13日登録日時
(Registration date)
2010年03月19日 18時43分更新日時
(Last update)
2010年03月19日 18時43分
質問
(Question)
「番茶」とはどういうものを指すのか。「焙じ茶」とはどう違うのか。茶葉も、緑色と茶色のものと両方あるようだが…。
回答
(Answer)
「番茶」に関する明確な定義はないようだが、『お茶の事典』『僕は日本茶のソムリエ』等の資料や、日本茶業中央会や日本緑茶協会の定義によれば、
(1)質の劣る煎茶、(2)一般的に家庭で日常的に消費される日本茶、(3)各地各様の多様な日本茶の総称…などの意味で使われている。
また、「焙じ茶」を「番茶」と呼ぶ地域もあることが記されている。
茶葉については、一般的な「番茶」は緑色だが、各地の「番茶」のなかには茶色のものもある。「焙じ茶」は、一般的に茶葉は茶色。
回答プロセス
(Answering process)
① 自館で、619.8,596.7の書架をあたり、日本茶関係の資料を探す。
 → 特に、番茶に関する記述・写真等が多いものとして、以下の資料があった。
  ・『お茶の事典』成美堂出版 1996 (596.7/オチヤ)
   :p26~27に、番茶(緑色)と焙じ茶(茶色)の茶葉の写真があり、番茶については、「一般的に二番茶以降に摘まれる並級品」とあり、
    また焙じ茶を番茶と呼ぶ地域があるとも記載されている。
  ・『僕は日本茶のソムリエ』高宇政光著 筑摩書房 2002 (619.8/タカウ)
   :p102~103に「番茶」の項があり、日本茶業中央会の定義として「大きい型の煎茶…」以下の引用があり、「要するに質の劣る煎茶」
    としている。また一方で、全国各地の「たくさんの多様な日本茶の呼び名」と、著者は定義している。
    巻頭カラーページに、各地の「番茶」の茶葉の写真が載っている。茶葉は、緑色や茶色のもの等いろいろで、形状も多様。

② Googleで「番茶」+「とは」で検索。また、①で記載のあった「日本茶業中央会」のHP等を調べる。
 → 以下の関連サイト等があった。
  ・ウィキペディア「番茶」の項目  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%AA%E8%8C%B6
   :番茶の語源説(1.日常的に飲まれるお茶 2. 遅い時期に収穫される「晩茶」から)等。
  ・「日本の喫茶文化-番茶は茶の歴史を物語る」  http://www.o-cha.net/japan/japan/culture/culture01.html
   :「世界緑茶協会」のHP「お茶を楽しむホームページ」内のページ。番茶について、現在の蒸し製の煎茶が普及する以前の、
    「各地各様の製法で自家用に作られていたお茶の総称」としている。

(各サイト等は100313確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農産物製造.加工  (619 8版)
食品.料理  (596 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
番茶 
焙じ茶(ほうじ茶)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065408解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!