このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2010-0004
事例作成日
(Creation date)
2010/04/23登録日時
(Registration date)
2011年02月03日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年02月03日 12時07分
質問
(Question)
安重根の論文2点を探している。
日本語訳で全文が読みたい。
「東洋平和論」
「安応七歴史」
回答
(Answer)
「東洋平和論」は、以下の資料に途中までですが訳文が掲載されています。
伊東昭雄「安重根「東洋平和論」[含 解説]」『世界 2009年10月号(通巻796号)』(岩波書店)p98-108
 伊東昭雄による訳文を掲載。また編集部による解説には「自伝はすでに翻訳されているが、「東洋平和論」は初訳である」とある。また「序、前鑑、現状、伏線、問答から構成されるうち、前鑑の途中までしか仕上げられなかった」ために未完である、ともあります。

「安応七歴史」は、以下の資料に訳文が掲載されています。
『安重根と朝鮮独立運動の源流 明治百年史叢書』(市川正明著 原書房 2005)
 第5章「安重根自伝」として「安応七歴史」の著者による訳文を収録しています。
回答プロセス
(Answering process)
●当館OPACで検索
「タイトル:東洋平和論」→1件・・・研究書か?本文はなさそう。
「タイトル:安応七歴史」→なし
「責任表示:安重根」→1件
「個人件名:安重根」→11件
『安重根と朝鮮独立運動の源流 明治百年史叢書』(市川正明著 原書房 2005)
 第6章「七条清美関係文書」として「安応七歴史」「東洋平和論」を、手書きの漢文で収録。
 第5章「安重根自伝」として「安応七歴史」の著者による訳文を収録。

●GeNiiで検索
「東洋平和論」→CiNii4件 WebcatPlus4件
『伊藤博文と朝鮮』(高大勝著 社会評論社 2001)
伊東昭雄「安重根「東洋平和論」[含 解説]」『世界 2009年10月号(通巻796号)』(岩波書店)
p98-108

インターネット最終確認日:2010年4月23日
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
伊東昭雄「安重根「東洋平和論」[含 解説]」『世界 2009年10月号(通巻796号)』(岩波書店)
『安重根と朝鮮独立運動の源流 明治百年史叢書』(市川正明著 原書房 2005)
キーワード
(Keywords)
安応七歴史
東洋平和論
安重根
アン・ジュングン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077533解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!