このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000215777
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000028182
事例作成日
(Creation date)
2016/06/16登録日時
(Registration date)
2017年05月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年05月15日 14時48分
質問
(Question)
自宅にツバメが巣を作っているが、どうもダニがわいたように思う。ダニ対策をどのようにすればよいかわかる本はあるか。
回答
(Answer)
ツバメの巣にわくダニの対策の本は発見できず。汚れを防ぐ方法の載った本や、市の衛生害虫担当課・ヒナが巣立った後空になった巣の撤去の相談先をご案内した。
回答プロセス
(Answering process)
鳥類(488)関連、衛生害虫(498.6)関連の書架を探す。

『森の新聞13 ツバメの街』(フレーベル館)p48「ツバメのいるくらし」には、ダニ対策ではないが、巣の下に傘をさかさに広げるなどして汚れを防ぐとの記載があり。
また衛生害虫について『わが家の虫図鑑』(トンボ出版)、『都市害虫百科』(朝倉書店)、『日本の衛生害虫 その生態と駆除 改訂増補』(新思潮社)を確認するが、ツバメの巣のダニ対策については載っていない。

対策をお願いするために資料が必要だということだったので、図書はツバメのみ・ダニのみの写真が載ったものをお渡しした。
『たくさんのふしぎ ツバメ観察記』(福音館書店)
→ツバメの巣、成長過程について写真・解説あり
『生活害虫の事典』(朝倉書店)
→ツバメにつくダニのことについて記載あり


大阪自然史博物館に電話で相談したところ、鳥獣保護法により中に卵やヒナのいる巣を取り除くことはできないが、ヒナが巣立った後は巣を取り除いてかまわないとのこと。また、ツバメにつくダニの名前の特定等は難しいが、一般に下を歩くくらいならさほどダニの害を受けることはないため、巣にさわらないように心がけるのがよいとご教示いただく。

さらに衛生害虫への対応を担当する豊中保健所衛生管理課生活衛生係(2016年度現在)に連絡すると、ダニの100%の駆除は難しいが、掃除方法等の相談は受け付けているとのこと。同係の連絡先をご紹介する。
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kakubu/kenkofukushi/eiseikanri.html

糞や羽・虫・巣の一部が落ちてきた時にどこに連絡すれば良いか、また、落ちてこないように板や箱の設置はどこに頼めば良いかもお尋ねだったので、豊中公園みどり推進課 自然環境保全係(2016年度現在)をご案内した。
http://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kakubu/kankyo/kouen.html

ヒナの捕獲や採取に関する許可は大阪府に権限があるとのことだったので、大阪府北部農と緑の総合事務所 みどり環境課の連絡先をご紹介した。
http://www.pref.osaka.lg.jp/hokubunm/


またヒナが巣立った後の撤去について、野生動物を担当する公園みどり推進課自然環境保全係に問い合わせると、相談先として大阪府ペストコントロール協会 http://www.osakapco.com/index.html の名が挙がった。こちらも合わせてご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
鳥類  (488 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ツバメ(ツバメ)
野鳥(ヤチョウ)
鳥獣保護法(チョウジュウホゴホウ)
ダニ(ダニ)
衛生害虫(エイセイガイチュウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000215777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!