このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033041
提供館
(Library)
国立国会図書館支部農林水産省図書館農林水産技術会議事務局つくば分館 (1430002)管理番号
(Control number)
NDL農会筑-2007-003
事例作成日
(Creation date)
2007年1月31日登録日時
(Registration date)
2007年02月01日 09時45分更新日時
(Last update)
2013年09月20日 15時53分
質問
(Question)
欧文の論文について引用文献を記載する際、引用文献に欧文タイトルの表記がない場合は和文タイトルの日本語読みをローマ字で表記すればよいのか。
具体的には、「農林水産研究文献解題」中の論文を参考にして、欧文の論文を執筆したい。この場合、引用文献リストにはタイトルをどのように表記したらよいか。
回答
(Answer)
参照文献の書き方についての基準である
「SIST02 科学技術情報流通技術基準 「参照文献の書き方」」[資料1]
http://sti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST02-2007.pdf
によれば、下記の通り

「和文文献を欧文の著作において参照するときはローマ字で記載」

が原則とされています。
「農林水産研究文献解題」については欧文タイトルの表記はありませんので、和文タイトルの日本語読みをローマ字で表記して頂くことをお勧めします。
また、投稿論文の掲載誌の執筆規程についても、念のためご確認下さい。

-----引用ここから

3.3 表記法

 3.3.1 言語及び文字
資料に用いられている言語及び文字は,そのまま表記することを原則とする。

3.3.2 翻字・ローマ字書き
印刷技術又は適用上の理由により,言語又は文字を変換する場合は国際規格に従う。
(1) 和文文献を欧文の著作において参照するときは,ローマ字で記述することを原則とする。
       ローマ字書きの著者名,誌名及び書名が併記されているときは,これを転記する。
       併記されていないときは,その読みをローマ字に変換する。
(2) 外国語の文献を和文又は欧文の著作において参照するときは,ローマ字アルファベットを
       用いる言語は,そのまま転記する。
       非ローマ字アルファベットを用いる言語は,国際規格に従ってローマ字に翻字することができる。
       原文にローマ字翻字を付記する場合には,後者を丸括弧に入れる。

参考 翻字及びローマ字書きに関する国際規格としては,現在次のような規格
及び推奨規格がある。

ISO 9 Documentation - Transliteration of Slavic Cyrillic
Characters into Latin Characters

ISO 233 Documentation - Transliteration of Arabic Characters into
Latin Characters

ISO 233-2 Information and Documentation - Transliteration of Arabic Characters into Latin Characters
         - Part 2: Arabic Language - Simplified Transliteration

ISO 259-2 Information and Documentation - Transliteration of Hebrew Characters into Latin Characters
        - Part 2: Simplified Transliteration

ISO/R843 International System for the Transliteration of Greek Characters into Latin Characters

ISO 3602 Documentaiton - Romanization of Japanese(kana script)

ISO 7098 Information and Documentation - Romanization of Chinese

-----引用ここまで
回答プロセス
(Answering process)
「SIST02 科学技術情報流通技術基準 「参照文献の書き方」」[資料1]を参照
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報学.情報科学  (007 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1: SISTハンドブック : 科学技術情報流通技術基準 / 科学技術庁科学技術振興局編 (2003年版)
Webでは
http://sti.jst.go.jp/sist/
より参照できる。
キーワード
(Keywords)
引用文献
科学技術情報流通技術基準
SIST
欧文
参照文献
欧文論文
ローマ字表記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
各URLの最終アクセス日は2013年9月20日。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
規格、基準類
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000033041解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!