このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191048
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001014417
事例作成日
(Creation date)
2016/02/16登録日時
(Registration date)
2016年04月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年04月13日 00時30分
質問
(Question)
人力車を引いている「車夫」の人が書いた本はありますか。最近、観光地で人力車を引いている人たちです。
回答
(Answer)
当館WebOPACを上記のキーワードで検索したところ、次の図書がありました。
『人力車が案内する鎌倉(光文社新書)』(青木登/著 光文社 2003.9)当館請求記号【291.37/94N】中之島 貸出可
内容紹介: 現存する日本の観光人力車夫の最古参、20年間鎌倉で人力車を引き続け、隅から隅まで知り尽くしたプロフェッショナルの著者が、鎌倉の表と裏の魅力のすべて、車夫と言う職業、その歴史や現在の状況などにスポットを当てる。

また、大阪府立図書館では所蔵していませんが、次の図書が出版されているようです。
『魂の人力車: 門司港つなぐ命と受け継ぐ命』(長尾修志/著 叢文社 2011.6)
BOOKデータベース: 元えびす屋俥夫が人力車で出逢った48の実話。

※えびす屋: 京都・小樽・浅草等で人力車屋を経営している会社です。(2016/2/16現在)
http://ebisuya.com/about/

[事例作成日: 2016年2月16日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
人力車が案内する鎌倉 青木/登∥著 光文社 2003.9
http://ebisuya.com/about/  (えびす屋(2016/2/16現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
出版情報
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000191048解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!