このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252112
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-180086
事例作成日
(Creation date)
2017/03/31登録日時
(Registration date)
2019年02月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月25日 00時30分
質問
(Question)
藤原実宗が北方(蝦夷)対策の将軍になったことについて,記載のある資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料を御案内します。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 『日本大百科全書 15』 小学館, 1994【031/94Y/15タR】
p.759「鎮守府将軍」の項
「古代蝦夷経営の軍政府たる鎮守府の軍政長官。多く陸奥守が兼ねた。(後略)」

資料2 細井計 責任編集『図説岩手県の歴史』河出書房新社, 1995【212.2/95X】
p.88「都市平泉」の項
「(前略)ときに,中央では白河法皇の院政時代。奥州では陸奥守藤原実宗が鎮守府将軍を兼ね,実宗死去の後は名門貴族の藤原基頼があとを継いで,北方支配の確立に力をつくした時期であった。(後略)」

資料3 斉藤利男『平泉』岩波書店, 1992【IS/アカ-2/214】
p.37「奥州新体制」の項
「(前略)藤原実宗が鎮守府将軍を兼ねることになった康和元年(一〇九九)までの間(後略)」

資料4 阿部猛 編著『日本古代人名辞典』東京堂出版, 2009【281.03/09Z/R】
p.589「藤原実宗」の項
「(前略)康和元年(一〇九九)陸奥守ついで鎮守府将軍正四位下に至る。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
藤原, 実宗(フジワラノ, サネムネ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252112解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!