このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063105
提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2008-0040
事例作成日
(Creation date)
2010年02月11日登録日時
(Registration date)
2010年02月11日 15時46分更新日時
(Last update)
2010年03月04日 15時43分
質問
(Question)
荘内史談叢書、鶴ヶ岡案内記、山形県荘内実業家傳、等を著作した「高田可恒」の生没年がわかるか。
回答
(Answer)
当館所蔵の資料から高田可恒の編、又は発行している資料を確認しましたが(資料①~⑧)生没年に関しての記載は見つかりませんでした。
資料⑨~⑪の中に、可恒が明治末から大正の初めにかけて、両羽実業新聞の記者として活躍した等の記述はありましたが、同じく生没年については不明です。
また、鶴岡市立図書館で、郷土資料として保存している資料があるか問い合わせをしたところ、次のような回答を得ております。
「可恒は、両羽実業新聞の記者をした後、奥田丈太郎とともに鶴岡市馬場町にアサヒ印刷所という印刷所を作った。郷土史関連の本の出版に携わっていたが、同じく生没年の分かる資料はない。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
新編庄内人名辞典、山形県大百科事典、山形県関係文献目録は調査済み。
NDC
東北地方  (212 9版)
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①山形県荘内実業家傳/高田可恒編/実業之荘内社/1909(K281.03/タカ)
資料②鶴ヶ岡昔談義(庄内文庫1)/志田則富著/高田可恒編輯/庄内史談会/1923(K210/シダ/1)上之巻、
資料③荘内物語引(庄内文庫第3篇)/小寺信正著(高田可恒編輯)/庄内史談会/1913(YK210/オデ)
資料④鶴岡案内記/高田可恒著/荘内史談会/1915(YK293.21/タカ)
資料⑤出羽国風土略記/進藤重記著(高田可恒編)/東京学社/1928(K290/シン/1)上篇
資料⑥義光公山形城下絵図/高田可恒編/東京学社/1930(KM641/タカ)
資料⑦延享荘内絵図/東京学社編/1930(KM100/エン)
資料⑧荘内史談叢書/高田可恒編/荘内史談叢書刊行会/1935(K210/シヨ/1)水野家文書1
資料⑨山形県新聞史話/川崎浩良著/山形新聞社/1949(YK070.2/ヤマ)
資料⑩鶴岡市史下巻/鶴岡市編/1975(YK232.1/ツル/3)
資料⑪山形県史通史編第4巻/山形県編/1984(K209/ヤマ/4)
※(  )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
高田可恒
両羽実業新聞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063105解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!