このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
701
事例作成日
(Creation date)
2020年12月14日登録日時
(Registration date)
2021年02月19日 14時08分更新日時
(Last update)
2021年06月17日 16時25分
質問
(Question)
日本ではいつから牛(馬も)食していたか。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

①『たべもの起源事典』岡田 哲 編 東京堂出版 2003.1(兵庫県立図書館請求記号:383.8/377)
p130 ぎゅうにく p350-352 にくしょくかいきん p379 ばにく

②『古語拾遺』斎部 広成 撰 西宮 一民 校注 岩波書店 1985.3(X1/30/35-1)
p53-54 御歳神 p112 訓読文補注166

③『たべもの日本史総覧』西山松之助 著 新人物往来社 1994.4(383.8/211) 
p228-229 肉食の日本史 原田信男
p230-231 牛肉 ②歴史 吉田 忠

④『日本農書全集 60』農山漁村文化協会 1996(610.8/7/60)
p5-37 近世日本の畜産と獣医術 松尾信一
 p8-11 畜産なき農業国日本の家畜たち 
  p10 「近世、……幕府は牛馬の屠殺や肉食を禁止した……」
     「近世でも肉を薬用にすることは行われていた。……彦根藩では……彦根牛の味噌漬、粕漬などを将軍、親藩や老中に寒中見舞として贈っている。また、播磨国印南郡志方……元禄のはじめ(一六八八年)ころから牛を屠殺して肉を食べ、……」

⑤『47都道府県・肉食文化百科』成瀬宇平・横山次郎 著 丸善出版 2015.1(383.8/585)
p2-5 1 日本人の肉食はいつごろ始まったか
p6-22 2 各食肉の事始めと主な特性
  p7-11 牛肉食についての記述があります
   p16-18 ②ウマ
    p16 「……馬肉の煮売り屋は、江戸時代後期に現れる。初めて馬刺しが食されたのは1887(明治20)の長野県松本市……」 

⑥『図説食肉・狩漁の文化史 殺生禁断から命を生かす文化へ』久保井規夫著 柘植書房新社 2007.3(648.2/70)
p95-100 第四章 牛の歴史と牛頭天皇 第五節 家畜としての牛
 p99(二)乳牛と肉牛③聖なる牛塚の影
p101-104 第五章 殺生肉食の禁令 第一節 仏教徒殺生肉食の禁令
 p103(二)殺生・肉食の禁令と結界碑

⑦『肉食の社会史』中澤克昭 著 山川出版社 2018.8(383.8/662)
p1-23 はじめに
 p4 日本史のなかの肉食
   「こうして、古代の人々が魚・鳥・猪・鹿・鯨はもとより、牛・馬まで食べていたことはあきらかになったものの……」
p151-220 第三章 家畜は不浄か
 p162-163 馬肉食の刑
 p170-173 食用と聖獣観 

⑧『日本の食文化 4 魚と肉』吉川弘文館 2019.2(383.8/670/4)
p204-233 とんかつとすき焼き―文明開化後の肉食― 東四柳祥子
 p204-207 近世までの肉食事情
  p204 「天武天皇年間には、ウシ、ウマ、サル、イヌ、ニワトリの食用を禁じる日本初の肉食禁止令(六七五年)が発布された。」

⑨『ニッポンの肉食 マタギから食肉処理施設まで』田中康弘 著 筑摩書房 2017.12(X383.8/663)
p18 古代に出された主な肉食禁止令(表)

⑩『牛と日本人 牛の文化史の試み 』津田恒之 著 東北大学出版会 2001.9(645.3/57)
p35-37 (1)古史料にみる牛
「「古事記」(七一二)には……どうしてお前は食物を牛に負わせて山谷に入るのか。お前はきっと此の牛を殺して食べるだろう……」
p43-127 第Ⅲ章 牛の用途
 p45 「……農民に牛肉を食べさせて御歳神に怒られ、……」
 p102 「「和漢三才図会」(一七一二)にも「薬喰い」として、牛肉の効用が述べられている。」
 p120 「……人が棄てて顧みない牛や馬の肉をたべて、……」
 
⑪『本朝食鑑 5』人見必大〔著〕島田勇雄 訳注 平凡社 1981.3(499.9/10/5)
p201-336 獣畜部
 p201-211 牛
 p220-241 馬

【その他調査済資料】
⑫『天神さまの起源』 田中隆昭 監修 山本五月・菊地 真 編 勉誠出版 2001.4(172/34)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
産業  (6)
自然科学  (4)
参考資料
(Reference materials)
岡田哲 編 , 岡田, 哲, 1931-. たべもの起源事典. 東京堂出版, 2003.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004034934-00 , ISBN 4490106165
斎部広成 撰 西宮一民 校注 斎部, 広成, 平安時代 西宮, 一民, 1924-2007. 古語拾遺. 岩波書店, 1985.3. (岩波文庫)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001734809-00
西山松之助 ほか著 , 西山, 松之助, 1912-2012. たべもの日本史総覧. 新人物往来社, 1994.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002324287-00 , ISBN 4404020945
日本農書全集 60. 農山漁村文化協会, 1996. (日本 農書 全集 60)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045372692-00
成瀬宇平, 横山次郎 著 , 成瀬, 宇平, 1935- , 横山, 次郎, 食品保健指導士. 47都道府県・肉食文化百科. 丸善出版, 2015.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026025256-00 , ISBN 9784621088265
久保井規夫 著 , 久保井, 規夫, 1942-. 図説食肉・狩漁の文化史 : 殺生禁断から命を生かす文化へ. 柘植書房新社, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008527057-00 , ISBN 9784806805502
中澤克昭 著 , 中澤, 克昭, 1966-. 肉食の社会史. 山川出版社, 2018.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029169017-00 , ISBN 9784634151383
田中康弘 著 , 田中, 康弘. ニッポンの肉食 : マタギから食肉処理施設まで. 筑摩書房, 2017. (ちくまプリマー新書 ; 289)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028661784-00 , ISBN 9784480689931
津田恒之 著 , 津田, 恒之, 1923-2010. 牛と日本人 : 牛の文化史の試み. 東北大学出版会, 2001. (東北大学出版会叢書 ; 6)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003617538-00 , ISBN 4925085409
人見必大 [著] , 島田勇雄 訳注 , 人見, 必大, 1642-1701 , 島田, 勇雄, 1911-1990. 本朝食鑑 5. 平凡社, 1981. (東洋文庫 ; 395)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001495175-00
田中隆昭 監修 , 山本五月, 菊地真 編 , 田中, 隆昭, 1934-2004 , 山本, 五月, 1956-2006 , 菊地, 真, 1959-. 天神さまの起源. 勉誠出版, 2001. (Museo ; 3)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003053418-00 , ISBN 4585090681
キーワード
(Keywords)
肉食
牛肉
畜産
牛肉食
食肉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000293981解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!