このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
634
事例作成日
(Creation date)
2020年01月30日登録日時
(Registration date)
2020年03月21日 15時12分更新日時
(Last update)
2020年05月22日 16時28分
質問
(Question)
「番地」の表記はいつから始まったか。
回答
(Answer)
以下のとおり紹介した。

①『住所と地名の大研究』(兵庫県立図書館請求記号:318.1/344)
p40 1 番地と地番 番地はいつ始まったか
「…全国的な「番地」の制度としては、明治5年(1872)に始まった戸籍制度(壬申戸籍)の発足とともに発行された地券に地所特定の符号として付けられたのが最初だ。…」
p251「…しかし振り返って日本の住居表示実施地区では、ひとつの「丁目」というブロック(伝統的な丁目を除く)内にどのような番地(街区符号)が付けられているかは、…」

②『公図の研究 5訂増補版』(324.8/280)
p250 「この地番というのは番地とは異なる(番地という法律用語は明治一九年八月法律一号登記法七条に発見される)。」

③「地番と番地についての研究」小栗忠七(『都市問題』第49巻第8号 p69-74 通頁 p843-848)
p70(通頁 p844)「三 番地の沿革 番地という法律用語ができたのは、明治十九年八月法律第一号登記法である。…しかし、古い戸籍簿を見るとすでに明治十年時代に番地と記載されているので実際使用されたのは明治八、九年ごろではあるまいかと思われる。…」

≪国立国会図書館デジタルコレクション≫
◇「官報. 1886年08月13日」インターネット公開(保護期間満了)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2944160
1コマ「第七條 (略) 第一 地所ハ郡區町村名、字、番地、地目、反別若クハ坪數、地券面ノ價格」

◆「所の研究」小栗忠七 著 1954(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2974883
69コマ「五 番地の意義 番地の法律用語は明治十九年八月法律第一号登記法第七條の登記事項中に発見される。」

≪Googleブックス≫
◇『都市地理学研究ノート』永野征男 著 冨山房インターナショナル 2009.12
Googleブックスで内容の一部分が公開されています。
p1「日常の生活で使われる「住所」あるいは「番地」という語句は、法的に正しく呼称すると「住居表示」「地番」となる。…」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『世界百科大事典』平凡社 1988.3 記載なし
『江戸学辞典』弘文堂 1984.3 記載なし
『国史大事典9』吉川弘文館 1988.9 p412「地租改正」の説明
『日本大百科全書11』小学館 1986.9 p477「住所表示」の説明

『日本大百科全書15』小学館1987.5 p297「地番」の説明から
…地番は、このように登記上、土地の特定性を示す働きをするものであるが、従来の日本では住居の所在を示すのにこの地番を用いる慣習があった(いわゆる番地)。

『現代法律百科大辞典 5』伊藤正己/編 ぎょうせい 2000.3
「地番」についての説明で、『土地については「何番」と、建物については「何番地」と区別して用いるのが実務上の慣例である。』とあり。

『日本の土地』土地総合研究所/編集 ぎょうせい 1996.11 p137-138
明治5(1872)年2月 地券渡法規則(大蔵省25号)公布

「住居表示に関する法律」昭和37年5月10日 現行法

以上資料においては項目として「地番」の説明はあるが「番地」は無し。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
①今尾恵介 著 , 今尾, 恵介, 1959-. 住所と地名の大研究. 新潮社, 2004. (新潮選書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007302822-00 , ISBN 4106035359
②藤原勇喜 著 , 藤原, 勇喜, 1943-. 公図の研究 5訂増補版. 朝陽会, 2018.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029178159-00 , ISBN 9784903059549
③小栗 忠七 , 小栗 忠七. 地番と番地についての研究. 1958-08. 都市問題 / 東京市政調査会 編 49(8) p. 843~848
https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I582465-00
キーワード
(Keywords)
住居標記
番地
地番
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000276214解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!