このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
633
事例作成日
(Creation date)
2020年01月16日登録日時
(Registration date)
2020年03月21日 14時40分更新日時
(Last update)
2020年05月22日 16時28分
質問
(Question)
太平洋戦争の時に、国務長官だったハルが書いた「ハルノート」の全文がわかりやすく丁寧に書かれた本が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

①『大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯 5』(兵庫県立図書館請求記号:391.2/41/5)
p472-476 ハル・ノート

②『日米開戦外交の研究 日米交渉の発端からハル・ノートまで』(319.1/218)
p292-293 〔資料六-Ⅱ〕日米交渉十一月二十六日米側提案(ハル・ノート)

③『現代史資料 36 太平洋戦争 3』(210.7/5/36)
p51-52 合衆国及日本国間協定の基礎概略

④『真相・日米開戦と東京裁判』(210.75/527)
付録『ハル・ノート』全文

〈インターネット〉 2020.03.21確認
外務省:外交史料館 日本外交文書デジタルコレクション( https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/archives/
◇「日米交渉 ―1941年― 下巻」( https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/archives/st-13-2.html
PDFデータ「八 「ハル・ノート」受領から開戦」
 p6-7「別 電二」「別 電三」(※「ハル・ノート」原文)
 p8-9「付 記二」「付 記三」(※「ハル・ノート」訳文)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
①防衛庁防衛研修所戦史室 著 , 防衛庁防衛研修所戦史室. 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯 5. 朝雲新聞社, 1974. (戦史叢書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001460243-00
②須藤真志 著 , 須藤, 真志, 1939-. 日米開戦外交の研究 : 日米交渉の発端からハル・ノートまで. 慶応通信, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001829861-00 , ISBN 4766403606
③実松‖譲. 現代史資料 36. みすず書房, 1979.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005595277-00
④山口光弘 著 , 山口, 光弘, 1925-. 真相・日米開戦と東京裁判 : 人種差別とアジアの悲劇. [山口光弘], 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003037226-00
キーワード
(Keywords)
太平洋戦争
外交
ハルノート
外交文書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000276211解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!