このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053754
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進08S-100
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年04月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2015年07月24日 10時32分
質問
(Question)
アメリカ合衆国の法定休日が知りたい。
回答
(Answer)
アメリカには画一的な国民の祝日はなく、各州が祝日の決定権を持つ。ただし、ワシントンD.C、及び全国の連邦政府職員に対しては、連邦政府によって連邦法定休日が定められている。
回答プロセス
(Answering process)
アメリカのデータをと考え『現代アメリカデータ総覧』(35/73)を見るが、記載なし。
自館OPACで”アメリカ””辞典”で件名検索をかけると『アメリカを知る事典』(253/0109)がヒット、これにあたる。
「連邦法定休日」「休日」では直接引くとあたらず、「祝祭日」に解説と休日一覧がある。索引からは「連邦法定休日」で直接引くことができる。
『記念日の事典』(386.9/03)では、巻末に法定休日の一覧表はあるが、法定休日とは何かの解説はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アメリカ合衆国  (253 7版)
参考資料
(Reference materials)
『アメリカを知る事典』斎藤眞[ほか]監修/平凡社/2000/(253/0109)p.226
キーワード
(Keywords)
アメリカ合衆国
アメリカ
休日
祝日
法定休日
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
新たに参考資料を紹介する。
『アメリカを知る事典』荒このみ[ほか]監修/平凡社/2012/(253/158)P290-291
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000053754解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!