このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006968
事例作成日
(Creation date)
2010年12月05日登録日時
(Registration date)
2011年01月21日 12時29分更新日時
(Last update)
2011年01月22日 09時31分
質問
(Question)
江戸時代の米の量を表す単位の「石(こく)」について、1石はどのくらいの量か知りたい。
回答
(Answer)
石(こく)は容量の単位で、1石は10斗=100升=約180リットル。米1石の重さは約140~150kg。
回答プロセス
(Answering process)
1.百科事典を調査
・『世界大百科事典』第10巻(平凡社 2007年)の「こく 石」の項を見ると、「石」は容量の単位。升の倍量単位で、1石=10斗=100升だとわかる。平安時代末ごろまでは「石」ではなく「斛」と書いていた。1891年の度量衡法により10斗=1石=約180.39リットルとされた。

2.歴史事典を調査
・『事典しらべる江戸時代』(林英夫編集代表 柏書房 2001年)p805には「度量衡表」があり、「1石=10斗 1斗=10升 1升=10合…」とあり、寛文9年以降1升=1.80391リットルであると記述がある。
・『時代考証事典』[正](稲垣史生著 新人物往来社 1979年)の索引から検索するとp142に「郷帳と石高の数え方」の項があり、検地による年貢の石高についての説明があるが、単位としての「石」は記述なし。
・『国史大辞典』第5巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985年)で「こく 石」の項を見ると、「体積の単位。十斗をいう」とある。

3.単位の事典を調査
・『図解単位の歴史辞典』(小泉袈裟勝編著 柏書房 1989年)で「こく【石】」の項を見るが、米の量がわかる記述はない。「石高」については説明がある。
・『丸善単位の辞典』(二村隆夫監修 丸善 2002年)の「石;斛(こく)」の項には、現在の日本の石の量は、1石=10斗=100升=0.180390立方メートルとある、江戸時代の禄高としての「石(こく)」は別に項目が設けられている。

4.一般図書を調査
・『国史大辞典』第5巻で参考文献としてあげられている『枡(ます)(ものと人間の文化史)』(小泉袈裟勝著 法政大学出版局 1980年)の目次から第4章「律令前後の日本の枡」の「稲にまつわる数量」の項を見ると、「一升当たりの重量-約四百匁(一・五キロ)」、「一升あたりの重量四百匁は江戸時代から扱われている数字である」などの記述がある。
・『楽しく読める江戸考証読本』第3巻 大名と旗本編(稲垣史生著 新人物往来社 2010年)には「武家禄高の計算」の項があり、禄高1石が現在の何円になるかの試算などがある。その中では1石14kgとして金額の計算をしている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
度量衡.計量法  (609 9版)
参考資料
(Reference materials)
『事典しらべる江戸時代』(林英夫編集代表 柏書房 2001年) (p805)
『楽しく読める江戸考証読本』第3巻 大名と旗本編(稲垣史生著 新人物往来社 2010年) (p88)
『枡(ます)(ものと人間の文化史)』(小泉袈裟勝著 法政大学出版局 1980年) (p137-138)
キーワード
(Keywords)
単位
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
日本の歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076982解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!