このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
97-B-23
事例作成日
(Creation date)
2012年02月07日登録日時
(Registration date)
2012年02月07日 16時12分更新日時
(Last update)
2013年09月06日 15時13分
質問
(Question)
今治築城音頭(木山音頭)について知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】によると、次のとおりである。
 今治地方で歌われた盆踊り唄。慶長7年(1602)から2年3ヵ月の歳月をかけ、今治城が築城された時、普請奉行として作業員たちの現場監督に当たった木山六之丞が、作業員の士気を鼓舞するために地固めの際、歌わせたと言われている。六之丞のことをユーモラスに歌い上げており、はやしの「エンエンエーン ヤートヤ」の軽快なリズムにあわせて歌われた。歌詞も種々あるが比較的古いものとして次のようなものがある。

    木山音頭と申するものは 手拍子 足拍子 太鼓の拍子
    伊予の今治 みすかの城を 築き上げたる その名も高い
    木山六之丞はなぜ色黒い 笠がこまいか 横日がさすか
    笠はこまない 横日もささぬ 色の黒いは こりゃ生まれつき

 当初は主に盆踊り唄として今治城下で歌われていたが、明治以降近郷近在にも普及した。最近は歌詞の数を増やして編曲した『新木山音頭』(九節)が、盆踊り、宴会、市民運動会などで歌われている。 とある。

【資料2】では、上記の歌詞の最後の行は、『笠もこまない 横日もささぬ 木山通いすりゃ 皆色黒い』と記載されている。
【資料4】P228には、楽譜がある。
【資料3】には、普請の際、地がためから石材の掘り出し、運搬、石垣築造など、多くの農民を使役した。石材は国府城から運び、さらに越智郡の島々や乃万地区の墓石・供養塔まで徴発したという伝承がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『愛媛県百科大事典 上 (あ~し)』 愛媛新聞社愛媛県百科大事典編集委員室/編集 愛媛新聞社 1985年 <請求記号:R /K290 /63 /1>
【資料2】 『今治の歴史』 今治市教育委員会/編集 今治市教育委員会 1985年 <請求記号:K221 /13 >
【資料3】 『愛媛県史 近代 上』 愛媛県史編さん委員会/編集 愛媛県 1986年 <請求記号:K200 /31 >
【資料4】 『日本民謡大観 四国編』 日本放送協会/編集 日本放送出版協会/発行 1973年 (愛媛県立図書館所蔵なし)
キーワード
(Keywords)
今治築城音頭 いまばりちくじょうおんど
木山六之丞 きやま,ろくのじょう
盆踊り唄(今治市) ぼんおどりうた(いまばりし)
木山音頭 きやまおんど
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
今治市立図書館
備考
(Notes)
事例出典『郷土資料に関する調査・相談事例集』 愛媛県図書館協会・愛媛県立図書館/編集 愛媛県立図書館 1997年
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101169解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!