このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中―郷土―133
事例作成日
(Creation date)
2020年01月29日登録日時
(Registration date)
2020年01月29日 10時34分更新日時
(Last update)
2020年03月06日 15時35分
質問
(Question)
京都国立博物館の「伝源頼朝像(でんみなもとのよりともぞう)」に“伝”が付くようになった経緯を知りたい。
回答
(Answer)
「伝源頼朝像」は,京都市右京区の神護寺が所蔵し,京都国立博物館に寄託されている鎌倉時代の肖像画です。同じく神護寺が所蔵する「伝平重盛像(でんたいらのしげもりぞう)」,「伝藤原光能像(でんふじわらのみつよしぞう)」とともに“神護寺三像”と呼ばれています。【資料1・2】

三像は,明治30年(1897)に古社寺保存法の下で国宝に指定され,名称は「源頼朝外三人肖像絹本著色掛幅(伝藤原隆信筆)」というものでした。その後,昭和26年(1951)に文化財保護法の下で国宝に指定され,指定名称は「絹本著色伝源頼朝像 絹本著色伝平重盛像 絹本著色伝藤原光能像 三幅(各幅伝藤原隆信筆)」と,“伝”が付いた名称となりました。【資料4】

作品上には像主(描かれた人物)などを特定する情報はなく,像主・作者・制作期については,長らく神護寺に伝わる鎌倉時代の古記録『神護寺略記』の記述によって推定されてきました。
しかし,明治時代以降,美術史研究者らによって,多くの異説が出され,図録や歴史教科書などの出版物の記述が改められてきたのです。【資料2・3・5】

歴史教科書の記述について,朝日新聞の記事に“03年の高校教科書検定で、単に「源頼朝像」とした教科書に「学説状況に照らして断定に過ぎる」との意見がついた。これを機に、高校の教科書からは「源頼朝」と断定した記述は消えてしまった。”とあります。【資料6】
回答プロセス
(Answering process)
●京都国立博物館の寄託品に関する資料を確認・・・【資料1】
●国宝に関する事典を確認・・・【資料2】
●“源頼朝像”“神護寺三像”で京都市図書館資料を検索。“伝”に関する記述を確認・・・【資料3】
●重要文化財指定の告示を,オンラインデータベース「官報情報検索サービス」で確認・・・【資料4】
●『神護寺略記』の内容を確認・・・【資料5】
 p447“一、仙洞院奉安置”項に,“内大臣重盛卿、右大臣頼朝卿、参議右兵衛督光能卿”,“右京権大夫隆信朝臣一筆奉図之者也”とあり。
●“源頼朝像”でオンラインデータベース「聞蔵Ⅱビジュアル」を検索・・・【資料6】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
各宗  (188 9版)
芸術史.美術史  (702 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『美を守り、美を伝える』(京都国立博物館 2019)p42~43“21 国宝 伝平重盛像 伝源頼朝像 2幅”
【資料2】『国宝事典 第4版』(文化庁/協力 便利堂 2019)p39“伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像”
【資料3】『国宝神護寺三像とは何か』(黒田 日出男/著 角川学芸出版 2012)p17~53“第一章 戦前の神護寺三像論”,p54~93“第二章 戦後の神護寺三像論と米倉迪夫の新説”
【資料4】『文化財保護委員会告示第一号』(昭和27年1月12日 官報本紙)p135“絵画の部”【オンラインデータベース「官報情報検索サービス」】
【資料5】『高雄山神護寺文書集成』(坂本 亮太[ほか]/編 思文閣出版 2017)p431~450“神護寺略記”
【資料6】『朝日新聞 平成19年(2007)4月13日』朝刊3面“(もっと知りたい!)教科書から消えた頼朝像 新説続々「歴史は変わる」”【オンラインデータベース「聞蔵Ⅱビジュアル」】
キーワード
(Keywords)
源頼朝像
神護寺三像
肖像画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000273133解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!