このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211475
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-16-084
事例作成日
(Creation date)
2017年3月14日登録日時
(Registration date)
2017年03月11日 10時01分更新日時
(Last update)
2017年04月15日 10時03分
質問
(Question)
ケルト神話のリアンノンについて詳しく知りたい
回答
(Answer)
以下の資料を紹介。
1・2は物語中に主要人物の一人として登場する。3・4は「リアンノン」の項目をたて、解説している。

1 『マビノギオン;中世ウェールズ幻想物語集』 中野 節子/訳 JULA出版局 2000 【993.33/ナセ/】
この資料は内容紹介に、「ケルトのウェールズ地方の住人、カムリ人たちの言語文化の宝とされる物語集「マビノギオン」。ケルト文学の華であり、アーサー王伝説の原形を内包するといわれるこの物語集を、ウェールズ語原典復刻本をもとに初めて完訳したもの」と記載がある。
「マビノーギの四つの物語」に掲載されている「ダヴェド大公プイス」「スイールの息子マナウィダン」という2つの物語にリアンノンが主要人物の一人として登場する。また、後述3の資料「リアンノン」の項目にある「リアンノンの小鳥」については「カムリに伝わる四つの物語」のうち「キルッフとオルウェン」という物語のp186に登場する。

2 『マビノギオン;ケルト神話物語』 シャーロット・ゲスト/[英訳]著  原書房 2003 【993.33/ゲシ/】
この資料は内容紹介に、「マビノギと呼ばれる4編の作品をふくむ、吟遊詩人によって語り伝えられてきた中世ウェールズのケルト幻想物語集。アーサー王物語の原点ともいうべき作品をおさめる。アラン・リーの美しい挿絵と格調高い翻訳による決定版。」と記載がある。
1の資料と同様に「マビノギの四つの扉」に掲載されている「ダヴェドの王子プウィル」「リールの子マナウィダン」という物語にリアノン(この資料ではリアンノンがリアノンと表記されている)が主要人物の一人として登場する。

3 『世界女神大事典』 松村 一男/編  原書房 2015 【164.03/マカ/】
p359-361「リアンノン」の項あり。「名前の意味・神格・属性」「概要」(①プイスの妻『マビノーギ』第一話 ②マナウィダンの妻『マビノーギ』第三話 ③リアンノンの小鳥たち)「キーワード」 「参考文献」の掲載あり。

4 『ケルト神話』 池上 正太/著 新紀元社 2011 【164.3/イシ/】
p277-280「プイス/プウィル」の項・p281-284「リアンノン/フリアノン」の項


上記以外の調査済み資料
『ケルト文化事典』 ジャン・マルカル/著 大修館書店 2002 【388.3/マジ/】
p159「リアンノン」の項あるが、上記3の資料の方が詳しい記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
1 長野県立OPACで「リアンノン」検索するが、ヒットなし。「ケルト神話」で検索。数件ヒットした中に回答に使用した2と4の資料あり。
2 Googleで「リアンノン」検索。
「ケルト神話」  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E7%A5%9E%E8%A9%B1
この中の「ウェールズ神話」にリアンノンの掲載あり。月と馬の女神という記載あり。またウェールズ神話の主な資料は『マビノギオン』に収められたマビノギ四枝だという記載もある。
「マビノギ四枝」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%93%E3%83%8E%E3%82%AE%E5%9B%9B%E6%9E%9D
マビノギ四枝( - しし)は、マビノギオンの中で最も有名な四つの物語であるとし、四つの物語の概要が掲載されている。参考資料として、中野節子 『マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集』 JULA出版局、2000年。ISBN 978-4882841937。の記載がある。
3 県立長野図書館OPACで「マビノギオン」検索。ヒットした資料を確認。2の参考資料 『マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集』中野節子も所蔵あり。内容を確認。「女神」で検索し、分類164の棚でブラウジング。回答に使用した3の資料を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
『スコットランド「ケルト」の誘惑 幻の民ピクト人を追って』 武部好伸/著 言視舎
『図説ケルトの歴史文化・美術・神話をよむ』 鶴岡真弓/著 河出書房新社
『絵で見る天使百科その由来から癒しの効果まで』 クリスティーン・アステル/著 原書房
NDC
神話.神話学  (164)
その他のヨーロッパ文学  (993)
参考資料
(Reference materials)
『マビノギオンの世界』 加藤 忠興/写真  JULA出版局 2006【993.33/カタ/】
キーワード
(Keywords)
ケルト神話
リアンノン(リアノン)
女神
マビノギオン(マビノーギ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000211475解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!