このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025412
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
Q2005Y0094
事例作成日
(Creation date)
2005/08/31登録日時
(Registration date)
2005年12月07日 02時11分更新日時
(Last update)
2012年04月03日 17時34分
質問
(Question)
36年くらい前に小学校の図書室で読んだソビエトの児童文学について
(1)ハードカバーで厚い本 (2)14歳くらいの男の子(雄牛のボーバというあだ名)が大人に隠れて他の子をいじめていたが、最後は少年院送りになる (3)ピオネール活動に関係のあるお話 (4)主人公は別の男の子だった
回答
(Answer)
お探しの資料は下記の図書だと思われます。
『ピオネール放送局』エフゲーニ・ルイス作 内田莉莎子訳 新日本出版社 1966年(請求記号Y7-491-〔5〕)
回答プロセス
(Answering process)
ロシアの作品がまとまっている理論社のティーンズ・セクションの中にあるのではないかと思われる。NDLOPAC( http://www.opac.ndl.go.jp/index.html )を、所蔵館「国際子ども図書館」シリーズ名「10代の本セレクション」で検索し調査するが、該当する資料なし。
次にタイトルに「ピオネール」と入れ検索するとヒットする。
この物語はピオネールの夏のキャンプが中心の舞台となっていて、雄牛のボーバ(本名ブイコフ)の他に、小学三年生の男の子ミーシャ、小学六年生の模範少年パーシャなどが主な登場人物。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ロシア.ソビエト文学  (980 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
児童文学-ロシア
児童図書
ピオネール
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
ストーリーレファレンス
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000025412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!