このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232557
提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 17A-14J
事例作成日
(Creation date)
2017年05月27日登録日時
(Registration date)
2018年03月15日 15時35分更新日時
(Last update)
2018年09月05日 11時36分
質問
(Question)
夏目漱石の『明暗』35章に「ドストエヴスキがあたったために、多くの模倣者が続出して、むやみに安っぽくしてしまった」という文章がある。
この時代ドストエフスキーの作品がどのように捉えられていたか知りたい
回答
(Answer)
 清水孝純「日本におけるドストエフスキー―大正期に見る紹介・批評の状況」『ロシア・西欧・日本 : 木村彰一教授還暦記念論文集』は、大正初期のドストエフスキーの紹介や批評についての論考です。ここでは、ドストエフスキー像が人道主義的、救世主的イメージへと収斂していき、彼が問題にしたニヒリズムやアンチ・キリストが、文学する人の中にまだ深く沈んでゆくことができず、彼らがこれらの問題を捉えあぐねていたのが実状ではないか、さらに、当時の人権意識の覚醒と共に、愛一元論的な民衆的人道主義的把握がはじまる、と論じています(pp.474-475参照)。また、『明暗』の「高尚な情操をわざと下劣な器に盛って・・・」のくだりについて言及されており、民衆的な理解を感じさせる、としています。
 上記を参考するに、大正初期のドストエフスキー読者には、様々な見方や解釈が存在していたようですが、それらが平板なままで発酵せず、必ずしも深い理解には到達していなかったようです。この時代のそのような状況が、『明暗』のくだりに反映されているのではないかと考えられます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913)
ロシア.ソビエト文学  (980)
参考資料
(Reference materials)
木村彰一編. ロシア・西欧・日本 : 木村彰一教授還暦記念論文集. 朝日出版社, 1976. (当館請求記号 *980.4*R2*1, 当館資料番号 300774842)
キーワード
(Keywords)
夏目, 漱石, 1867-1916
『明暗』
Dostoyevsky, Fyodor, 1821-1881 :  ドストエフスキー, フョードル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学院生
登録番号
(Registration number)
1000232557解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!