このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
東浦和-1-00008
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2015年10月29日 19時49分更新日時
(Last update)
2016年04月09日 10時51分
質問
(Question)
①黄梅泉(朝鮮の学者1855-1910、本名:黄玹)の詩「絶命詩」の日本語訳詩が見たい
②金冠植(朝鮮の詩人)の詩の日本語訳詩が見たい

①については日韓併合に抗議して自殺した時の詩であるとのこと
回答
(Answer)
①については『梅泉野録』黄玹、国書刊行会、1990 と、『朝鮮の抵抗文学 冬の時代の証言』宋 敏鎬、柘植書房、1977 を提供
②については『現代韓国文学選集 5 (詩集) 』冬樹社、1976 を提供
回答プロセス
(Answering process)
自館資料、埼玉県内公共図書館横断検索、国立国会図書館サーチで、
「黄梅泉」「梅泉」「絶命詩」「黄玹」「金冠植」をキーワードとして検索。

1、『梅泉野録』黄玹、国書刊行会、1990 県立熊谷図書館所蔵 
  p668「黄玹遺詩」→1910年8月3日阿片を仰いでこと切れた際の遺詩四首、日本語訳あり
  p736 1910年8月、日本帝国主義が朝鮮を植民地にした際、黄玹は『梅泉野録』末尾に見られる四首の遺詩を書きおいて、阿片を飲んで自決したとの記載あり
2、『朝鮮人物事典』木村 誠/編集、大和書房、1995.5 に「黄玹」の日本語読みは「こうげん」とあり
3、『韓国・歴史と詩の旅』金 思燁、明石書店。2000.12 には記載なし
4、『現代韓国文学選集 5 (詩集) 』冬樹社、1976 のp373-276に金冠植の詩あり
5、『朝鮮の抵抗文学 冬の時代の証言』宋 敏鎬、柘植書房、1977 のp248に「黄梅泉絶命詩」あり(日本語訳あり)

1、4、5を提供
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の東洋文学  (929 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
梅泉野録
黄玹
黄梅泉
金冠植
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000183059解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!