このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259845
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001032785
事例作成日
(Creation date)
2019/05/06登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
『中国学芸大事典』の「人虎伝」の項目に、『太平広記』や『古今説海』・『唐人説薈』・『唐代叢書』等に収められているが、「広記と説海とでは文に異同が見られる」(p.392)との記述があった。それぞれを読み比べてみたい。
回答
(Answer)
調査の結果、『唐代叢書』は『唐人説薈』の別称であること、『太平広記』には「李徴」という題で収録されており、もとは『宣室志』に収められていたことがわかりました。また『古今説海』は未所蔵ですが、内容は『唐人説薈』所収の「人虎伝」とほぼ同一内容であると記している資料がありました。
収録資料は下記のとおりです。

1.『唐人説薈』(一名、『唐代叢書』)所収の「人虎伝」について
・『国訳漢文大成 文学部第12巻』(国民文庫刊行会/編集 国民文庫刊行会 1920.12)
p.495-507に読み下し文ならびに語注が、巻末の「唐代小説原文」のp.196-199に原文が収録されています。
なお、p.18に「『唐人説薈(せつわい)』(一名『唐代叢書』)中より」という出典の記載があります。

・『漢文名作選 4』(大修館書店 1984.10)
p.222-259 「人虎伝」の原文、読み下し文、現代語訳ならびに解説が収録されています。出典は、『唐人説薈』で一部文字を改めたところもあるとのことです。
解説には「『古今説海』と『唐人説薈』が収めるものは、ほぼ同じ文であるが、『太平広記』が収めるものは、「李徴」という題がつけられ、前の二書に比べると物語の中間部分が大分簡略である」と記されています(p.222)。また、『太平広記』に欠けている部分についての記述もあります(p.259)。

・『「孤独」の構造』(社本武/著 桜楓社 1984.10)
p.62-71 『国訳漢文大成』所載「人虎伝」の現代語訳が掲載されています。ただし、作中の漢詩は読み下しや現代語訳はされていません。

・『佐藤春夫と中国古典』(張文宏/著 和泉書院 2014.9)
p.239 「解題」には、「『唐人説薈』は『唐代叢書』とも言い、清代の陳蓮塘が編集した文言小説集のことである」と記されています。
p.241-248 『国訳漢文大成』所収の「人虎伝」の原文ならびに読み下し文が収録されています。
p.124-129 「李徴」と「人虎伝」を比較した一文が掲載されています。その中に「上尾龍介氏の「人虎伝と山月記」に拠れば、『古今説海』と『唐人説薈』所収の二つの「人虎伝」は、一字乃至二字の、字句の異同が見られるだけで、全文にわたって全く同一である」(p.124)との記述があります。また「李徴」と「人虎伝」の対照表が掲載されています(p.124-125)。なお、『太平広記』所収の「李徴」も収録されています。

2.『太平広記』・『宣室志』所収の「李徴」について
・『太平廣記 第9冊 : 巻第401至巻第449 新1版』(李昉/等編 中華書局 1961.9)
p.3476-3479 「李徴」の原文が収録されています。

・『中国古典小説選 6』(竹田晃/編 明治書院 2008.1)
p.370-388 『宣室志』所収の「李徴」の解説、現代語訳、原文、読み下し文が掲載されています。解説には、『古今説海』や『唐人説薈』には李景亮作とする「人虎伝」があり、ほぼ「李徴」と同じあらすじを持つものの「李徴」にはないエピソードがいくつか書かれている旨の記述があります(p.372)。

・『新釈漢文大系 44:唐代伝奇』(明治書院 1971.9)
p.174-187 原文、通釈、語釈が収録されています。なお作品名が「李徴」ではなく「人虎伝」となっているが、本文は『太平広記』より、作品名は『唐代叢書』に従った旨の記述があります(p.174-175)。

・『佐藤春夫と中国古典』(張文宏/著 和泉書院 2014.9)
p.248-255 『太平広記』所収の「李徴」の原文、現代語訳、語釈が収録されています。

[事例作成日:2019月5月6日]
回答プロセス
(Answering process)
留意点:回答のように出典によって『国訳漢文大成』と内容が異同することに注意が必要。
特に『新釈漢文大系』の場合、「本文は『太平広記』により、作品名および撰者については、『人虎伝』李景亮撰とする『古今説海』並びに『唐代叢書』の記載に従っておく」との記載あり(p.174-175)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (923 10版)
参考資料
(Reference materials)
国訳漢文大成 文学部第12巻 国民文庫刊行会∥編集 国民文庫刊行会 1920 (495-502、196-199、18)
漢文名作選 4 大修館書店 1984.10 (222-259)
「孤独」の構造 社本/武∥著 桜楓社 1984.10 (62-71)
佐藤春夫と中国古典 張/文宏‖著 和泉書院 2014.9 (124-129,241-248、248-)
太平廣記 第9冊 : 巻第401至巻第449 新1版 李昉∥等編 中華書局 1961.9 (3476-3479)
中国古典小説選 6 竹田/晃∥編 明治書院 2008.1 (370-388)
新釈漢文大系 44 明治書院 1971.9
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259845解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!