このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進10S-2
事例作成日
(Creation date)
2010/07/12登録日時
(Registration date)
2010年07月12日 13時04分更新日時
(Last update)
2015年11月25日 14時43分
質問
(Question)
「門松は冥土の旅の一里塚」の後の句が知りたい。それは誰が作ったものか。
回答
(Answer)
「めでたくもありめでたくもなし」
一休宗純作。
一休禅師の作と伝えられるが真偽は不明である。
回答プロセス
(Answering process)
まずは『日本国語大辞典 第3巻』(813.1/0113/3)を引いてみる。「門松」の頁に記載あり。
念のため『日本名句辞典』(917/03)もみてみると
「『一休咄』等の咄本では『門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし』という
歌の形で出ており一休禅師の作と伝えるが、真偽は不明である」と載っていた。 

また、ブラウジングで『俳句辞典』(911.3/0149)を見つけるが掲載なし。
自館OPACで「名歌辞典」と検索→『通解名歌辞典』(911/898)にあたるがこちらにも掲載なし。
『典據検索名歌辞典』(911/538)には記述はあったが、「冥土の旅」が「冥土の道」となっていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 7版)
箴言.アフォリズム.寸言  (917 7版)
詩歌  (911 7版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 第2版 第3巻』小学館/2001/(813.1/0113/3)p851
『日本名句辞典』鈴木一雄,外山滋比古編/大修館書店/1988/(917/03)p112
キーワード
(Keywords)
門松
一休
道歌
名句
教訓歌
名歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000069007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!