このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻481
事例作成日
(Creation date)
2018年10月5日登録日時
(Registration date)
2018年11月03日 12時20分更新日時
(Last update)
2019年12月21日 18時56分
質問
(Question)
英語の語源が分かる本はあるか。語源についてレポートを書きたい。
回答
(Answer)
英語の語源は英語が印欧語族の一語派であるゲルマン語派に属し、ラテン語、フランス語などから借入も生じた上に、接辞語を付けた派生や既存語2語以上の結合、連結形を用いた合成などによる造語も行われ、またアメリカ英語などは当地で語形変化も起きて現在に至る。
個別の各単語の語源は下記の資料を参照。
回答プロセス
(Answering process)
8類のNDC 832:語源・意味、833:辞典、834:語彙の資料にあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (832)
辞典  (833)
語彙  (834)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】寺澤芳雄 編『英語語源辞典 縮刷版』研究社, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002847394-00 , ISBN 4767431050 (各単語の語源が記載されている)
【資料2】山並陞一 著『語源でわかった!英単語記憶術』文藝春秋, 2003. (文春新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004007819-00 , ISBN 4166602969 (英単語記憶の手がかりとして約100個の語幹を語源から説明。対象の語源はギリシャ語・ラテン語起源、ケルト語・北欧語の影響、仕事や感覚などいくつかのカテゴリーに分けてある。)
【資料3】寺澤芳雄 著『ことばの苑 : 英語の語源をたずねて』研究社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007628850-00 , ISBN 4327451770 (「はしがき」p.iii~で「英・米人の日常生活に密接に関わる語句の由来について、語源研究に重要な初出年(その単語が文献に初めて使われた都市;絶対的ではない)とともに、定説あるいは可能性の高い語源解き」を提供と記述。前半は「四季、生き物、身の回りの品など」に分けて取り上げ、後半は語源研究の観点から論じている。)
【資料4】遠藤幸子 著『語源で楽しむ英単語 : その意外な関係を探る』日本放送出版協会, 2007. (生活人新書 ; 215)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008469859-00 , ISBN 9784140882153 (「はじめに」p.3~で「英語にも親戚がいます。英語と共通の祖先を持つ言語で、ヨーロッパやインドの言葉です。」とし、英語の歴史を辿りながら各言語から流入した語幹を「動詞、数、形容詞、名詞、人間の行為」のくくりで解説。)
【資料5】Blanchot, Jean-Jacques 著 , 森本英夫, 大泉昭夫 訳,『英語語源学』白水社, 1999. (文庫クセジュ ; 822)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002853982-00 , ISBN 4560058229 (英語の語源を学問的な観点から英語史を引き合いに論じている)
【資料6】宮本倫好 著『英語・語源辞典』筑摩書房, 2004. (ちくま学芸文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007608535-00 , ISBN 4480088857 (取り上げた英単語などの語源や由来を掲載。「はじめに」p.7~で「世界語である英語は、ラテン語、フランス語、古代英語、ギリシャ語をベースに、様々な言葉の流入を受け入れながら、言語としての大河を形成した。」と記述。項目は「1.身近な言葉の語源」「2.興味をそそる語源」「3.人名と語源」「4.イディオムと語源」「5.外来語の語源」の五つ。)
【資料7】岩田一男 著.『英単語記憶術 : 語源による必須6000語の征服』筑摩書房, 2014. (ちくま文庫 ; い82-2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025941622-00 , ISBN 9784480432353 (英単語記憶の手がかりとして「語根」「接頭辞」「接尾辞」と人名・地名を由来とする語幹を掲載)
【資料8】Horobin, Simon 著, 堀田隆一 訳『スペリングの英語史』早川書房, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028498856-00 , ISBN 9784152097040 (英語のスペリング、語幹を英語史に沿って論じている。)
【資料9】林信孝 著,『英単語に強くなる』岩波書店, 1995. (岩波ジュニア新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002417030-00 , ISBN 4005002595 (語根を「数、人間・人体、生物」など14章に分けて説明し、接頭辞・接尾辞も章を設けて解説している。)
【資料10】小池直己 著,『語源でふやそう英単語』岩波書店, 2010. (岩波ジュニア新書 ; 661)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010948541-00 , ISBN 9784005006618 (「接頭辞+語根」の形で各語根ごとに英単語のなりたちを解説。英語とラテン語の関係も説明。)
【資料11】竹林滋編者代表,『研究社新英和大辞典:並装 第6版』研究社, 2002-03.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000358283-00 , ISBN 9784767410265 (各見出し語の末尾に語源や語義の由来などを記すほか、辞典冒頭p.xvii~xxi「語源解説」で「1.英語辞典と語源~8.造語法」と8つの項目で英語史や語のなりたちを述べている。)
【資料12】梅田修 著,『英語の語源事典:英語の語彙の歴史と文化』大修館書店, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002083558-00 , ISBN 4469041122 (第1部は「英語とゲルマン諸語」から始まり言語の歴史。第2部は「霊界・神霊・異形」「秩序・階級・権威」などジャンルごとの主な語幹を挙げている。)
キーワード
(Keywords)
語源
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
語源 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000245133解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!