このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-085
事例作成日
(Creation date)
2005/02/23登録日時
(Registration date)
2005年05月27日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月30日 09時46分
質問
(Question)
〈Old Salt〉は老練な船乗りという意味があるが、なぜこの意味になったのか知りたい。
回答
(Answer)
『海の英語 イギリス海事用語根源』のp365に「「潮気の多い人」という意味から、英語では「経験の十分な老練水夫」「潮風に鍛えられた水夫」(weather-beaten sailor)を単にsaltまたはold saltという」とあり。
また『海と船と人の博物史百科』p344に「日本語でもベテランのシーマンを指すときに「潮っ気がある」という表現を使うが、欧米ではそのまま「潮(salt)」という。老水夫はオールド・ソールトとなるが・・・」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
英語慣用句や語源辞典等、以下の資料には記述なし。
『英語慣用句小辞典』『スタンダード英語語源辞典』『英語の語源辞典』『完訳キーワード辞典』『英語の語源AtoZ』『よく使われる英語表現ルーツ辞典』『日本語で引く英語類語辞典』『英和海事辞典』『英和海運辞典』。
海事・海運関係の資料から探索したところ、記述が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「新英和大辞典 4版・6版」「ランダムハウス英和大辞典 2版」「Oxford English Dictionary」「英語慣用語源句源辞典」「英語の語源と由来」
NDC
語彙  (834 9版)
参考資料
(Reference materials)
『海の英語 イギリス海事用語根源』(佐波宣平 研究社出版 1971)
『海と船と人の博物史百科』(佐藤快和 原書房 2000)
キーワード
(Keywords)
英語-慣用語
英語-語彙-語源
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000021906解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!