このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2019-17
事例作成日
(Creation date)
2019年12月15日登録日時
(Registration date)
2020年03月28日 10時32分更新日時
(Last update)
2020年03月29日 13時00分
質問
(Question)
母音・子音の種類が多く、全世界の言語の発音ができる言語があるか知りたい。図書や論文などで、それを裏付ける資料が掲載されているとよい。
回答
(Answer)
「全世界の言語の発音ができる言語が存在する」という内容が記載されている資料は見つかりませんでした。
なお、子音・母音を最も多く持つ言語として、「コオ語(コン語、!Xóõ )」、「クン語(!Kung、!Xü)」、「ウビフ語(Ubyx)」を挙げている資料がありましたので、以下に紹介します。

○論文
【資料1】中川裕著「コイサン諸語のクリック子音の記述的枠組み」(『音声研究』 第2 巻第3 号 1998 .12)p52-62
インターネットで閲覧可能
https://doi.org/10.24467/onseikenkyu.2.3_52
p60「クリック子音の数だけを見てもコイサン語は破格的であるが, これらの言語には決して少なくない非クリック子音も存在する。 両音類を合計すると子音数は, コン語が159, グイ語が90, ジュー語が92 であり, いずれも, 世界の言語における極端な例外といえる。」
【資料2】八杉佳穂「漢字仮名交じり表記考」(『国立民族学博物館研究報告』 33巻2号 2009.1)p139-225
インターネットで閲覧可能
http://doi.org/10.15021/00003936
p171「音素数がもっとも多い言語は、アフリカのコイサン諸語のクン語!Xüで、141も音素があるという」

○図書
【資料3】『言語学が好きになる本』(町田健著 研究社出版 1999)当館資料番号:0105503346
クン語の音について、p19「子音はなんとおよそ百個もあり、世界の諸言語を紹介した本によれば、知られている限りでは、世界の言語の中でも子音の数が一番多いということでした」と記載されています。
【資料4】『ギネスブック ’85』(ノリス・マクワーター編 講談社 1985)当館資料番号:9102509398
p199「最も多くの子音を持つ言語」の項に「ソ連のカフカズ語族に属するウビフ語は80-85の子音を持つ」と記載されています。

○インターネット
【資料5】地球ことば村「最も子音の多い言語」
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_column_1.html
「最も子音の多い言語として,長い間,カフカースの言語ウビフ語(英:ubykh language,仏:L’oubykh,独:Ubychische Sprache,露:Убыхский язык)の 80(研究者により,81 ~ 84 と異なる)だったが,今では,ボツアナとナミビアの約 4,000 人によって話されるコオ語[kǃxõː˥],,〔原文ママ〕あるいは,ター語 Taa,独:Taa-Sprache,露:Къхонг)の子音音素(分析にもよるが 84 から 159)がそれに取って代わることになった。」

【資料6】中山俊秀・言語研究工房「母音の数と子音の数」
http://lab.toshinak.com/?p=297
「母音の数が一番多いのはアフリカのボツワナで話されている!Xõõで、31の母音を区別すると言われます。」
「世界で一番子音が多いのは、母音が一番少ないUbyxで、81子音を持つとされます。ただ、このUbyxは1992年に最後の話者が亡くなって以来死語となってしまいました。現在も話されている言語の中でもっとも子音が多いのは77子音を持つ!Xõõです。この!Xõõは、母音・子音を合わせて世界最多の112音を使い分けます。」
上記サイトの出典には、【資料7】「Vistawide World Languages & Cultutres」
https://www.vistawide.com/languages/language_statistics.htm )が挙げられています。
回答プロセス
(Answering process)
当館の開架にあった以下の資料を確認したが、母音・子音の種類が多い言語について、情報を得ることができなかった。
『言語の事典』(中島平三編集 朝倉書店 2005)
『世界言語百科』(ピーター・K.オースティン編 柊風舎 2009)
『事典世界のことば141』(梶茂樹編 大修館書店 2009)
『ことばのおもしろ事典』(中島平三編集 朝倉書店 2016)
『世界の文字事典』(庄司博史編 丸善出版 2015)
『世界の文字大事典』(Peter T.Daniels[編]  朝倉書店 2013)
Googleで「子音 最も多い 言語」で検索したところ、【資料5】がヒットした。ウビフ語(Ubyx)が挙げられていたため、「Ubyx 子音 最も多い」でGoogle検索すると、【資料6】がヒットした。
コオ語(コン語、!Xóõ )やクン語( !Kung、!Xü )についての資料も調べるため、【資料5】から得たキーワード「コイサン諸語」を用いてCiNiiの論文検索をすると、【資料1】が見つかった。
また、「コイサン諸語 子音 最も多い」でGoogleBooksを検索すると、【資料2】、【資料3】がヒットした。
世界一を掲載している資料ということで、「ギネスブック」が思い当たり、当館で所蔵しているギネスブックの内容を確認したところ、【資料4】にも記述があった。
(インターネットの最終アクセス:2020年1月13日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語学  (801 9版)
その他の東洋の諸言語  (829 9版)
アフリカの諸言語  (894 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】中川裕著「コイサン諸語のクリック子音の記述的枠組み」(『音声研究』 第2 巻第3 号 1998 .12)p52-62
【資料2】八杉佳穂「漢字仮名交じり表記考」(『国立民族学博物館研究報告』 33巻2号 2009.1)p139-225
【資料3】『言語学が好きになる本』(町田健著 研究社出版 1999)(0105503346)
【資料4】『ギネスブック’85』(ノリス・マクワーター編 講談社 1985)(9102509398)
【資料5】地球ことば村「最も子音の多い言語」
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_column_1.html
【資料6】中山俊秀・言語研究工房「母音の数と子音の数」
http://lab.toshinak.com/?p=297
【資料7】「Vistawide World Languages & Cultutres」
https://www.vistawide.com/languages/language_statistics.htm
キーワード
(Keywords)
シンハラ語(シンハラゴ)
コオ語(コオゴ)
クン語(クンゴ)
ウビフ語(ウビフゴ)
コイサン諸語(コイサンショゴ)
母音(ボイン)
子音(シイン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000279703解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!