このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000224121
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-072
事例作成日
(Creation date)
2017年05月02日登録日時
(Registration date)
2017年10月31日 18時32分更新日時
(Last update)
2018年05月24日 14時23分
質問
(Question)
パキスタンに関する洋書『P Is for Pakistan (World Alphabets)』(Razzak, Shazia  Frances Lincoln Children's Books 2007)に以下のような記述があった。「Bhere,the fruit being bought here, is used to make souces.」この記述の中の「Bhere」の発音を知りたい。ウルドゥー語(パキスタンの公用語)で果物の名前ではないか。
回答
(Answer)
所蔵資料およびインターネット情報を調査したが、「Bhere」の発音について掲載されている資料は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 掲載図書について調べる
《AbeBooks》( https://www.abebooks.com/9781847800893/P-Pakistan-World-Alphabets-Razzak-1847800890/plp  Abebooks.com)
《Amazon.co.jp》( https://www.amazon.com/Pakistan-World-Alphabets-Shazia-Razzak/dp/1847800890  Amazon.com)
『P Is for Pakistan (World Alphabets)』(Razzak, Shazia  Frances Lincoln Children's Books 2007)
内容紹介・著者紹介より著者はパキスタン生まれ、写真家はインド東部出身のイギリス人で、 イギリスの出版社から発行されたパキスタンを紹介する児童書とわかる。

2 ウルドゥー語や英語の参考資料を調査する
『ウルドゥー語辞典』(加賀谷寛著 大学書林 2005)
 ローマ字訳でbhで始まる言葉(p262-263)を確認するが、「bhere」はなし。
  似たような言葉として、「bher」(羊、雌羊などの意味)、「bhera」(雄羊)はあり。
『The Oxford English dictionary v.2』(J.A.Simpson Clarendon Press 1989)を確認するが、「Bhere」なし。

3 ウェブサイトで〈Bhere〉〈Bhere Pakistan〉を調査する。
《パキスタン地名データベース》( https://pak.geonamebase.com/ja  GeoNames)
《Weblio 辞書》( http://www.weblio.jp/  Weblio)
 該当情報なし。
《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)
 似た綴りの地名「Bhera」あり。
 《ウィキペディア》「Bhera」( https://en.wikipedia.org/wiki/Bhera  ウィキメディア財団)

4 自館目録から〈パキスタン〉に関連する資料を調査するが、該当する記述なし。

5 自館目録を〈ウルドゥー語〉〈ヒンディー語〉で検索する。

〈その他調査済資料〉
『パキスタン 目で見る世界の国々 67』(ステーシー・タウスボールスタッド著 国土社 2004)
『われら地球大家族 17 パキスタン』(河津千代訳 リブリオ出版 1990)
『地球の歩き方 48 パキスタン』(ダイヤモンド・ビッグ社 2001)
『海外生活の手引き 4巻 南西アジア編』(世界の動き社編 世界の動き社 2001)
『パキスタンを知るための60章 エリア・スタディーズ』(広瀬崇子編著 明石書店 2003)
『パキスタン その国土と市場 海外市場調査シリーズ no.18』(山中一郎編著 科学新聞社 1985)
『パキスタン 生活と文化』
(日本・パキスタン文化協会編 東洋大学出版部 1958)
『もっと知りたいパキスタン』(小西正捷編 弘文堂 1987)
『ウルドゥー語入門』(蒲生礼一著 泰流社 1976)
『ウルドゥー語基礎1500語』(鈴木斌編 大学書林 1978)
『基礎ウルドゥー語』(鈴木斌著 大学書林 1981)
『基礎ウルドゥー語読本』(鈴木斌著 大学書林 1986)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年4月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の東洋の諸言語  (829 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ウルドゥー語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000224121解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!