このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000047198
提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2008-0825
事例作成日
(Creation date)
2008年08月25日登録日時
(Registration date)
2008年09月09日 12時01分更新日時
(Last update)
2008年09月09日 12時01分
質問
(Question)
中国の歴史書「晋書(しんじょ)」の中の「束晳伝(そくせきでん)」和訳本を見たい。なければ漢文のものでよい。
回答
(Answer)
「晋書」の日本語訳は「中国古典新書」ほかに部分訳があるが、「束晳伝」の部分はない。
漢文のものは、日本発行・中国発行のもので数種類確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
① 自館で「晋書」で検索 → 2件の部分訳本あり。
・『晋書』(中国古典新書) 越智重明著1984 (082/チ/38)
・『世界の名著』続1 中国の科学1980 (082/セ/2-1):「晋書天文志」所収

*なお、ネット上では個人のサイト等でいくつか「晋書」の翻訳を進めているものも発見できるが、いずれも「帝紀」のあたりのみで、
「列伝」の部分を翻訳 しているものは確認できない。これらのサイト等に「晋書」の全訳がないことの記載多数。
  また、都立中央図書館  の事例(都立図事-2004001547)にも全巻の和訳はないとの記載あり。

  原書である「晋書」自体は、本館(福井県立図)で以下の2種類ほかを所蔵。
  ・『晋書』(和刻本正史) 古典研究会 1971 全3冊
  ・『晋書』中華書局(北京) 1974 全10冊

② 上の2種類を取り寄せて「束晳伝」の部分を調べる。
  → 「束晳伝」は、「晋書」の第51巻(列伝の第21巻)に含まれていて、「一挙両得」が出てくるのは、次の部分。
    :又昔魏氏徒三郡人在陽平頓丘界、今者繁盛、合五六千家。二郡田地逼狭、謂可徒還西州、以充辺土、賜其十年之復、以慰重遷之情。
     一挙両得、外実内寛、増広窮人之業、以闢西郊之田、此又農事之大益也。

   *故事成語のサイトで、ここの部分の意味がでているものあり。
    :武帝・恵帝の時代の束晳が農業政策について進言した。「人口に比べて耕地が狭く、人々には仕事がありません。
    昔、魏氏は人々を西の方に移住させて辺境の地を充実させました。これこそ一つの事をして二つの利益を得ることです。」
    晋は民を移住させ農地の拡大をはかった。 (「故事成語 あ行」 http://www18.ocn.ne.jp/~kuniko/a.html  2008/9/9確認)

③ その他、故事成語や四字熟語の事典等で「一挙両得」を調べる。
  → 「晋書 束晳伝」「東観漢紀」等を出典としてあげるだけで、言葉の成立の由来について書いてあるものは確認できなかった。

事前調査事項
(Preliminary research)
故事成語「一挙両得」の由来が「晋書」の中の「束晳伝(そくせきでん)」に出ているらしい(『中国ことわざ話題事典』ぎょうせい 1993 p89より)。その原文と日本語訳を読みたい。
NDC
中国  (222 8版)
伝説.民話[昔話]  (388 8版)
語彙  (824 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
晋書
束晳伝
一挙両得
故事成語
四字熟語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000047198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!