このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
O1999F2217
事例作成日
(Creation date)
19990511登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2005年11月11日 11時49分
質問
(Question)
日本でいう外来語で、逆に、日本語が外国(特に中国)語として定着している例や単語の載っている資料。(中国語にとっての外来語で、日本を起源とするもの)
回答
(Answer)
(1)『近代日中学術用語の形成と伝播 地理学用語を中心に』 荒川清秀著 白帝社 1997 <KK32-G23>
(2)『日本文化の支那への影響』 実藤恵秀著 蛍雪書院 1940 <302.22-Sa591h>
(3)『現代中国語における外来語研究』 高名凱(他)著 関西大学東西学術研究所 1988 <KK32-E9>
   p.101-126に主に日本から中国へ入った言葉が載っている。

この他に雑誌論文がいくつかある。
(4)「現代中国に見られる外来語」(林洪): 『学芸国語国文』 (27):1995.3 p125-  <Z13-1136>
(5)「外来語の受容と消化・吸収」(那須雅之):『中国語学』 (239):1992.11 p.144-153 <Z12-135>
(6)「中国語外来語の表記に見られるいくつかの方式」:『学苑』 (594):1989.5 p.59- <Z24-49>
(7)「中国語にはいった日本」(大原信一): 『東洋研究』 (78):1986.2 p.81-101 <Z8-408>

なお、「日本中国ことばの往来(ゆきき)」は、雑誌『書評』<Z21-2263>に連載された記事の1986年2月号分までを収録したもの。この記事はその後も継続して掲載されている。

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本中国ことばの往来』 (芝田稔/著 1987 白帝社)
NDC
語源.意味[語義]  (822 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
中国語‐外来語
日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014038解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!